『物語修復機構』
第10話 天災バガボンド
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888283823/episodes/1177354054890729361


前の話から公開するまで一ヶ月以上かかってしまいました。
ストックしときたい症候群なので、実際には手持ちの11話を完成させたからですが。

時事ネタを扱うと「ネタは鮮度が命」がモットーの自分としては、後で見直した時に自分でも何書いてたかわからなくなるので、あまり好んで使いたくないというのが本音です。

今回みたいに温めすぎて旬をすぎるネタが出てきてしまうと、読み手も白けてしまう気がするのでやはり早めに出したいところ。
コンスタントに更新したらいいだけじゃんって話ですけどね。

なんでこんなことを言っているのかというと11話の方が時事ネタ多発してるからさっさと次の話作って公開するか、ストック枯渇してでも出しとくべきだよねって話です。

多分ヤマタノオロチ篇は15話くらいで終わる予定です。
その次が本題。
ちなみに1話2000文字くらいって謳ってるくせに今3000字に伸びてるし、別で密かに書いてる話も1話5000字をベースに書くつもりが1万字をゆうに超えているので、ほんとに15話で終われたら上手く畳めたなと自分を褒めてやりたいくらい。

そんな風に未来の自分へ挑戦状を叩きつけておいてやろう。