ここに感想を書いていきます。

40件のコメント

  • 企画はこちらです。https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054886675686

  • 1作目
    『嘘のくに』
    作者 赤瀬文乃様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885886243

  • はい読んできましたよ
    正直、小説としてのフックが効いてなくて、
    読者を引き込む力がいまいち弱いという気がします。

  • 2作目
    『それから』
    作者 @otaku様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054883969927

  • んー……
    まあ処女作だそうで、筆致その他の未熟さは仕方ないとして

    人に読ませたくて書くのなら「これが新作だ!どうだ!」
    という気概を見せてほしかったところです

  • あ、別にきょうじゅの企画用に書き下ろせという意味ではありません
    そんなに開催日数取ってないし

  • 3作目
    『この想い届くのか、 あのアーティストに』
    K・Sメッセ様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886135330

  • ……悪いけどノーコメント。

  • 偽教授様、ご反応ありがとうございます。
    ここまでで二万字なので~というのは駄目元でのご提案でしたので、きっぱり断っていただけてむしろありがたいです。

    ご迷惑をおかけした謝罪と、一瞬でもご思案いただけたことへ感謝を。

    まじりモコ

  • 4作目
    『隠す手札、明かす役』作者 有原ハリアー様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886572156

    ほんもも川小説大賞のやつですね。

  • もう二ひねりくらいしないとギャンブル小説として無理があると思います。

  • 5作目
    『マドンナ・ブルーに百合の白』
    作者 夏野けい様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054881778086

  • 古き良き“文学”というものを読ませてもらった感じです。

  • 6作目
    『へびの王様』
    作者 青瓢箪様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884780592

  •  偽教授様、まずは私の未熟な作品に目を通して頂きありがとうございます。アドバイスに関しましても、頂けること自体はありがたいのですが、正直『「これが新作だ!どうだ!」という気概を見せて欲しかった』などと抽象的なことを言われましても果たしてどのように改善していけば良いものか分かりません。ですので、もしよろしければそれが何を指すのか、私の作品に何が欠けていたのかもう少し具体的に教えて頂けないでしょうか。面倒でしたら無視して下さっても構いませんが。

  • 何もかも足りてません。
    処女作なんてのはそんなものです。

    最初のうちはとにかく数をこなして書くことが一番上達の道です。初期作品については内容面では拘泥しない方がいいです。私が言ってるのはそういうこと。

  • おっと、募集の方は締切です。

    忘れてるわけじゃないのでちゃんとやりますよ

  • というわけで『へびの王さま』

    うーん。児童文学でしょうか。
    夢落ちなのがかなり早く読めてしまうのがちょっとナンかな。

  • 7作目『ドクターシップの方程式』
    作者 油布 浩明様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884072125

  • SF界の古典中の古典、「冷たい方程式」もの。

    オリジナルの冷たい方程式は読んだことがあるけど
    その後に書かれた「冷たい方程式もの」のことはよく知らないので
    この発想がどれくらいの着想力なのかは判じかねますが

    まあカクヨムでみかけるSFものとしてはハイレベルな方だと思う。

  • 8作目『もふもふと鋼鉄人形』
    作者 暗黒星雲様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885638896

  • えーと、率直に申し上げますが箸にも棒にもかからない出来です。
    特にメタ視点の挿入、今後も小説を書くなら絶対に止めた方がいい。

  • 9作目、『ワンダー・フーズ ~Walking Carrot~』
    作者 棚尾様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885410105

  • ニンジンが人間を襲うB級SF。実にB級です。でもそこがいい。

  • 10作目『好きな人の好きな人は親友で難病』
    作者 吉岡梅様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054883305649

  • 狙いは分かるんだけど、こういう方法論をやるには文章力が弱い。
    それでもたついて疾走感が損なわれているのが残念なところ。

  • 11作目『貌の無い仏』
    作者 蜂蜜 最中様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885575779

  • 「クトゥルフ」で「時代物」という試み。

    んー、ちょっと両者の味が喧嘩してるかなって気がしました。

  • えー、12作目、コウジカビさんという方ですが、
    文字数オーバーのようなので次いきます。

    数え直しでもう一回12作目、
    『私は神様らしい』
    作者 北森アヤ様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886482468

  • 話が転がらないまま設定トークが続くとすぐダレるきょうじゅです。
    (それが小説作法として絶対にいけないとは言わないよ)

    ここから俺TUEEE系に展開していくのかもしれませんが
    冒頭が重すぎてどうにもならないかと思います。

  • 13作目
    『ふるさとの国を追われた俺は敵国の将軍になってリベンジを決めてやった』
    作者 佐藤様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886289719

  • あー。
    マイナーな時代のマイナーな国のマイナーな皇帝ですね……。
    知ってる人名が(途中で出てくる三国志関係以外)一人もない。

    悪い意味で軽くなってしまっていると思います。
    歴史小説を歴史小説的にやってもライトノベルにはなりませんが、
    こういう抜き方をして軽くしてもやっぱりライトノベルにはならないと思う。

  • 14作目
    「おれたちの恋ものがたり」
    作者 瀬夏ジュン様

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054885922180

  • んー。

    非常に未熟さが目立ちます。
    どう読んだらいいのか分かりませんでした。

  • 15作目。
    『影の中には人がいる』
    作者 形世 出流様
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054886665938

    これで全部のはずなのでこれで全部ということにします。
    ないと思いますが万一漏れがあったら申し出てください。

  • んあ。
    高校生で、しかも小説は初めてですね?
    文法とかのアドバイスは(きりがないので)しません。

    しかし前提条件を考えれば素養はなくもない部類だと思います。

    普段、こういうことは原則的に言わないんですが、
    条件に当てはまると思うので言います。

    カクヨムの超初心者向けの創作論などを読み漁りましょう。
    まずはそのへんからだと思います。

  • はい、というわけで今回の自主企画はこれで終わり。
    ご参加の皆様ありがとうございました。

  • ありがとうございます!
    軽いよみ口について、研究していかねば、と思いました。

  • 貌のない〜の作者にございます。書評ありがとうございました。
    やはり比叡山炎上みたいなのもあるし行けるかとも思ったのですが、難しいですね。

  • こんばんは、薄紅サクラです。
    今回は自主企画に参加して頂き、本当にありがとうございます。
    遅くなるとは思いますが、少しずつ読むつもりなので、よろしくお願いします。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン