プロフィール
 ある物語狂人の独白  読書尚友を金科玉条とし、数多の書物を捲ること幾数年。今だ私は青二才なれど孰れは眼光紙背の境地に至り、寸鉄殺人の言ノ葉を操る。其れが私の畢生の百尺竿頭。其の為に、須く尽力し続け…続きを読む

小説のフォロー

もっと見る