「#年上彼女と年下彼女」を読まれている方にお詫びと訂正をさせていただきます。
セカンドシーズンを新たに新しい小説で書くのではなく、以前あったものに追加させていただきます。
フォローされていた方申し訳ありませんが、そのままお読み下さい!!
それでは失礼させていただきます。