新人賞に応募するため、小説『この日和のしづかさを食べろ』を非公開にしました。途中まででも読んでくださった方々に励まされ、最後まで書き上げることができました。改めて感謝いたします。ありがとうございました。