もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先日よりちょいちょいレビューを書かせていただいてます。
文章の中でも詩や散文は、特別に愛着があるのでちょっと辛めのコメントや評価になってしまっています。
詩を含め、言葉を使うアートに関しては、「自分の感動や感慨を、できるだけ正確に読み手に伝達する」ことができて初めて、芸術と呼べる何かが生まれると思っています。
難解さや混沌にアートを見る方の作品の場合、表現方法にわざわざ「言葉」を使っている理由が見いだせず、余計に辛口レビューになってしまっているかもしれません。
そこはひとえに私のストライクゾーンの狭さですので、どうぞご容赦ください。
どなたも素敵な感性をお持ちだと思うので、今後の創作の参考にでもしていただければ幸いです。
レビュー、コメント、いずれかにて書評書きに行きますので、読んでほしいという希望のある方は、本ノートのコメントにてご連絡ください。
ご依頼なければ、勝手に失礼しに参ります(笑)