小説『空席のある教室』の各章各所に若干の手直しを加えました。嵐の夜長の暇つぶしにお読みいただけるとありがたく思います。