フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

 こんにちは。

 本日昼12:00より、
「日帰りファンタジー短編コンテスト」
https://kakuyomu.jp/contests/kadokawabooks_contest/applied_works
 に応募の短編
「スキマノイカイ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883945854
 を連載開始いたしました!!
 毎日昼12:00より更新いたしますので、是非お楽しみに!!

「スキマノイカイ」。
 ちょっと私らしくないタイトルでしょうか?
 主人公は、28歳の女性編集者、宇留間和可菜(うるまわかな)。
 最近、勤務先の出版社の経営が危うくて、今後の身の振り方を悩んでいるという、結構普通の人な主人公です。
 見た目は眼鏡でビジネススーツが色っぽい、ぼいんぼいんお姉さんですよ((w´ω`w))テレッ

 そんな彼女は、遅くなって帰路に就いたある晩、道端で羽を拾います。
 水晶を削り出したみたいな不思議なその羽は、どうも妙なことが。
 羽を拾ったとたん、道の先に、奇怪な空間の亀裂が発生し、まるでペイントソフトでコラージュしたみたいな、不思議な異世界が広がっています。
 ぎょっとしていると、そこから怪物が出現し、和可菜を襲います。
 驚いた拍子に手の中の羽はきらきら光る不思議な銃に変じて、その怪物どもをぶっ散らばせます。
 普通のおねいさん、いきなりガンアクションですよ!!
 どうなってるのか!!

 さて、ここからは予告。
 不思議な思いをしながらも、ペンダントに変じた羽を身に着けて、職場の出版社に出勤した和可菜。
 そこに尋ねてきたのが、今をときめく人気作家の兼西零(かねにしれい)。
 艶麗な文章のみならず、本人の美貌でももてはやされる美青年作家は、和可菜に「あなたの秘密は知っている」と告げます。

 零の正体は何者か?
 異界とは?
 妖魔とは?
 そして霊器とは何か?

 妖しいイメージを元にして展開される、現代の不思議冒険譚。
 乞うご期待です!!