フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

 こんにちは。

 先日よりお送りしております、「世界は骰子と遊戯盤」番外編の第三話、先行キャラクター紹介の第四弾。
 これで最終回になります。

 最期を飾るのは「レッ〇スネークカモーン!!」と言いたくなるような面白不思議蛇少女(星蛇族)、ジャガリアタディーラです。
 レッドじゃなくてブラックですが。
 では、「ブラックスネークカモーン!!」

~~~~~~~~~~~~

●シャガリアタディーラ・マムルイーゼム・スワスミュレーナティ
種族:星蛇族
性別:女性
額の宝珠:睡刻石

 星の輝きにつつまれた、黒い鱗と黒髪を持つ星蛇族の美少女。
 額の宝珠は、砂漠の中に時間が凝って生まれたと言われる黒く艶麗な波紋を見せる睡刻石。
 なのに、口調は一人称「あたしちゃん」などお調子者系。
 何が楽しいのか、大体いつも蛇の下半身をくねらせて蛇ダンスしている。

 高度な魔導具作成の技術を持ち、ニレッティア帝国に魔導具の技術を普及させるため、女帝自らに乞われて、宮廷魔術師長カーダレナの下に配属される。
 魔導具作成に極めて高い適性のある高い魔力を持ち、メイダルで開催された魔導具作成コンテストで何度も入賞する腕前を持ちながら、メイダルでは魔導具職人が飽和気味のため、なかなか活躍の場がなかった。

 自分の魔力と腕前に相応しい活躍の場を与えてくれたアンネリーゼとニレッティア帝国に感謝し、忠誠を誓っている。

 この上なく艶麗な美少女で、全身高度な魔導具で飾られている。
 時々びっくりな魔導具(驚く以外は大体無害)を作って他人を驚かせるという悪癖はあるが、有益なものを造り出すことの方が多い人物である。
 茶目っ気がある上に色っぽく、人目を引く女性。

 アンネリーゼの親衛隊の一員となり、魔導具関連の情報収集や細工を担当する。

~~~~~~~~~~~~

 この人の役割はさりげなく大事。
 魔導具作ってくれる……
 プレゼントも……
 はて……?