フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

 こんにちは。

 異世界TRPGファンタジー 「世界は骰子と遊戯盤」番外編 第二話が完結いたしました!!

「世界は骰子と遊戯盤」番外編
第二話「紅の皇子と碧の巫女姫」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883191567/episodes/1177354054883586419

 さて、今回の主人公は、本編でのメインヒロイン、レルシェントの実妹ドニアリラータ、そして、同じく本編で人気の脇役だった、ニレッティア女帝アンネリーゼの皇太子、ラーファシュルズの二人です。

 メイダルに留学してきていた、ニレッティア帝国の皇太子ラーファシュルズ。
 彼の元に、不吉な知らせが届きます。
 母である女帝アンネリーゼの、暗殺未遂事件。
 何故かメイダルでは製造が禁止され、そして地上の遺跡からも一掃されたはずの悪夢(ナイトメア)型の魔法生物が、宮廷に送り込まれたのです。

 幸い、新しく女帝に付いた霊宝族ボディガードの働きで事なきを得ましたが、これは深刻な問題です。
 メイダルですら製造が禁止されているナイトメア型魔法生物、それも人型に偽装されたタイプが地上に存在した。
 恐らく、メイダルの何者かによって、地上に送り込まれたと推測される。
 天空の魔法王国メイダルと、地上の大帝国ニレッティアにまたがった、大掛かりな陰謀が動いている。
 果たして、メイダルの大司祭の娘ドニアリラータ、そしてニレッティア皇太子ラーファシュルズは、この陰謀にどのように立ち向かうのか!?

 さて、彼らは二人だけではありません。
 ドニアリラータには、メイド型戦闘対応魔法生物ともいうべきマリウーラが。
 そしてラーファシュルズには、最も信頼する上級執事、マーディンが付いています。
 彼らと共に四人パーティを組んで、紅の皇太子と碧の巫女姫は、メイダルに蠢く闇を捜査しに向かいます。

 いいですねえ。
 我ながらパーティ戦闘わくわくします。
 それぞれ武装や得意技が異なる四人が協力して、シティアドベンチャーへ。
 姿を見せぬ黒幕に、じりじり迫ります。

 運命の流れを読み解き、ある程度操作する魔導武器を持つラーファシュルズ。
 神の声を聞き、超絶の召喚術「星門召喚術」を操るドニアリラータ。
 応用力無限大、自在の魔法弾を操る魔銃を使いこなすマーディン。
 全身に兵器を仕込んだ、戦闘型魔法生物であるマリウーラ。

 この四人のコンビネーションは、我ながらなかなかの見ものだと思います。
 バランスという観点から見ても、萌えの観点から見ても、良すぎませんか?

 殿方には、ツンデレ妹属性召喚巫女ドニアリラータ。
 及び、戦闘アンドロイドメイドさんのマリウーラ。

 ご婦人方には、煌めくレイピアで華麗に戦う貴公子ラーファシュルズ。
 及び、戦闘対応二丁拳銃執事(ついでに眼鏡男子)マーディン。

 さあ、どうですか。
 この恥も外聞もない萌え陣営。
 しかも強いですぜ!!
 ご都合主義ではないのですぜ!!
 ちゃんと能力のバランスや役割を考えた上での強さなのですぜ!!
 読み物として、それなりに楽しめるのではと自負しております。
 TRPG始め、ゲーム系がお好きな向きには、なおさらおすすめかも知れません。

 ……個人的におすすめはツンツンでキッツイこと言っちゃうドニアリラータ。
「誰にでも彼にでも吠え付く犬は、安く見られるわよ。躾け直した方がいいんじゃない?」
 とか、むっちゃ生意気なこと言うんですよ!!
 たまらなくないですか!?
 キツイ妹属性がたまらない方カモン。

 さて、なにはともあれ、彼らはじりじりと陰謀の根幹に迫っていきます。
 バシバシ戦いますよ!!
 戦闘はハードですよ!!

 そして明らかになった真実。
 なかなか事実としてはハードですが……
 メイダルにも、こういう人はいるんだなって思われるかも?
 しかし、結末は甘いのです。
 ええと、プロポーズしますね。
 皇族と、王侯貴族以上の由緒を誇る宗教的権威の娘だから、バランスは取れています、はい。

 この物語は、一部設定が次回作の第三話と重複します。
 第三話は、この同じ事件の、地上での展開になりますね。
 女帝様暗殺未遂事件の謎を追う、宮廷陰謀劇になります。
 来月連載予定ですが、こちらもお楽しみに!!

 もしご興味が湧かれましたら、是非お読みいただくと有難いです。
 ご質問、リクエストなどございましたら、こちらのコメント欄にでも、ツイッターの方にでも、是非お送り下さいませ。

 では、
「世界は骰子と遊戯盤」番外編
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883191567
 今後ともよろしくお願いいたします!!m(_ _"m)