実家のおやじなんですが、携帯の切り替え案内が来ていて、何が何だかわからないと私の所に連絡がありました。我が家は母は電話を持っていません。おやじが得意なのですよ。

案内の書類を、郵便局から送ってくれたのでしょう、レターパックライトで送ってもらうと、どうやら3Gが使えなくなるらしく、4Gに切り替えて下さい、という案内でした。

昭和一桁の87歳には、この仕組み自体が難しいんでしょうね。

私が電話で説明してもよくわからないようでしたので、とりあえず電話の切り替えの手配だけ私が代行で行い、その後は自分でやって下さいね、ということにしました。

年寄りなので、サポートに電話すると思っていたのですが、こんな風に意外とアクティブでした。

わかること、わからないこと、世代ごとにあるとは思うのですが、共通点としては、携帯電話は私たちの生活に、なくてはならない存在になっているということですね。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054891275113/episodes/16816700426791491223