すいません。

理由としては、書いていくうちに迷うところというか精神的に勝つことが出来ませんでした。そして、文が、単純、短文すぎて文としての尺が保ちづらくなってしまいました。

迷惑をかけます。

もしかしたら、また連載するかもしれません(変わってくると思いますが)。