↓レビューを頂いた作品URL↓
https://kakuyomu.jp/works/1177354054893141999


以下、レビュー内容。

□□□□□□□□□□□□

それは穢れを納める無垢な器
★★★ Excellent!!! 近藤銀竹

の災厄を取り払うための人柱、『アリス』。
『アリス』に選ばれた少女リーエと、彼女を救うべく暗躍する使用人ロイの物語。

『アリス』という名から、無垢さや大人の世界に汚されていないイメージを持ちました。そのため冒頭のシーンは、まっさらな器に穢れを詰め込むイメージが形成され、リーエの諦念とロイの辛さがひしひしと伝わってきました。
アリスのように自分の気持ちに純粋なリーエと、淡々と仕事をこなしていくロイのスタイリッシュともいえる戦い。
一話一話が映画のシーンのように計算されたエピソード割りも鮮やかです。

エンディングは皆さん読んでみてください。
とても気持ちよく読み終えることができました。

□□□□□□□□□□□□

冒頭でそこまで考えてくださっているとは、とても嬉しいです。
エピソード割にまで言及してくださるとは、太ったストーリーをシェイプアップした甲斐があります。

レビューを書いてくださった近藤銀竹さんのページ
https://kakuyomu.jp/users/-459fahrenheit

カクヨムコン5出展作品
『【短編】青春したい葵ちゃんと神回避する翔斗君』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054893578682