「ネオネースト」完結しました。これで捜査官たちのお話は終わりです。今まで沢山の応援ありがとうございました。
 以下、いつもよりもかなり長文になります。



 さて、私の投稿日時を見て、「やたら早筆だなあ」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。2017年に入ってから、私は何本もの小説を書き上げました。
 このペースは、普通に働き、普通に生活していては、とても書けるペースではありません(少なくとも、私には)。
 それではなぜ、こんなに沢山の小説を書けたかというと、私が休職していたからです。

 私は2016年の3月に、「双極性障害」という病名を告げられました。昔で言うところの「躁うつ病」です。
 それから数ヶ月休職し、復職し、それでもやはりダメで、二回目の休職。絶望しました。
 休職期間というのは、楽な期間に思われがちですが、本人にとっては辛く苦しいものです。
 休んでしまったことに対する申し訳なさ。仕事ができない自分へのふがいなさ。
 そういったものを抱え、ぼんやりと毎日を過ごしていました。

 そんなとき、ふと自分の過去の小説を読み返してみたのです。書いていた当時の楽しさ、迷い、苦しみが、一気に蘇りました。
 それがきっかけで、新たにキーボードに向かうことにしました。今の私にしか書けない何かがあると思いました。
 休職中は数多の時間があります。同僚たちが働いている中、執筆に時間を割くことに後ろめたさはありました。
 でも。今しか書けなかったんです。書いて書いて、例えそれが稚拙なものでも、誰かに届けたいと思ったのです。

 こんな場で、双極性障害のことを打ち明けるのは、不適当だったかもしれません。
 しかし、同じ病気の方で、エッセイにこのことを打ち明けて下さった方がいました。それは大きな勇気づけになりました。
 また、プロフィール欄に、精神障害を患っていると書かれている方も少なからずいらっしゃいます(この報告の投稿後、私もそうするつもりです)。
 私もその方たちのように、誰かを元気づける存在になりたい。病があっても、小説は書けるんだと言いたい。
 それが私からのメッセージです。

 明日から、私のリハビリ出勤が始まります。
 よって、小説を書く時間的、心理的な余裕は無くなってしまうでしょう。
 新作が書けるようになるまで、長い間お待たせをするかもしれません。もしかしたら、この「ネオネースト」が最後になるかもしれません。
 もし、もう一度お会いできる時が来たら。
 そのときは、よろしくお願いします。

8件のコメント

  • お疲れさまでした。本当に「ネオネースト」素晴らしい作品だと思いました。多くの登場人物が丁寧に創られ、感情移入できる。同時に進行する人間関係はシンプルに描きながらも深い情景が描かれているように感じました。そしてお酒を嗜むシーンが多く、ついつい一緒に飲みたくなる大人な作品でしたね。

    この近況ノートのメッセージがあの方へ届くことを祈ります。

    素敵な作品ありがとうございました。

  • おはようございます。
    何か発信したくなったら、ロットも何もいらないから、自由に書けばいいです。これまで通り。リアルでは言えないこともここでは言えます。溜めこむことはNGです。心身ともに病んでしまい、結果として書くこともできなくなります。

    楽しく書くことで、リアルも上手くいきますよ❤
    リアルではがんばらなくていいですからね。

    今日も一日笑顔でいられますように☆彡

  • ネオネースト、第二章に入ったところまで読ませて貰ってます。
    話が面白くなってきたところで、アンドロイドの謎が興味をそそります。

    この近況ノート読ませて頂きました、私もちょっと長文失礼いたします、気軽に読んで下さいね。面白く書きますから(笑

    少し前に松岡弥美さんの小説でも応援コメントしましたが
    私の身内でもうつ病三名、発達障害1名、もう少し広げれば知り合いに色々な病気の方がいます。

    正直に言って私の両親なんて、今の時代に育ったら何かしらの精神疾患の病名がついたんじゃないかと思うくらいです。
    何しろ喜怒哀楽の強烈な親でして、今なら虐待だろうとおもうこともありましたよ、当時はそんなもんだろうと思ってましたけれど。
    ですから子供時代の私は、ずっと怒られないか心配して過ごしてきました。小学二年生の母の日の作文は「ごめんなさい、怒らないで下さい」ばっかり書いていたことを、以前母親と笑いながら思い返したものです。中学生くらいになると流石にそこまで怒られなくなりましたし、逆に骨折した母親の腕を踏んづけた時だけは、悪い事したなあと思ったものです。

    お陰様を持ちまして、アホだのバカだのカスだの大喧嘩した翌日にも、ニコニコ一緒に飯を食うアホな親子です。嫁さんがウチに来た当初はビックリしていました。

    父親の母親、つまりお祖母さんは精神を病んで入院中に空襲(空襲ですよ、いつの時代と思いますよね)で亡くなったと聞かされた時も、この人の母親ならさもありなんと思ったものです。何しろ子供の時にテレビばっかり見ている子どもたちに怒り狂いテレビを叩き壊して、壁からタンスから引き戸に至るまで部屋中に「テレビ」「テレビ」「テレビ」とマジックで文字を書き、これでずっとテレビを見られるやろ、と言った人です。絶対に今なら何かしらの病名がつくはずです(笑
    そんな父親も今では「昨日のテレビで言っていたけどなあ」と言い出すくらいテレビを見ています、人なんて変わるんです。生まれてから死ぬまでずっと同じ性格なんてありえません。

    現代の医療は進んでいます、今まで病気だと思われていなかったことが病気だと診断されてしまいます。ストレスも激しいですし何かしら社会的な抑圧もあります。みんなが正直過ぎるというか息苦しい感じですよね。
    もしかしたら私も精神科医に行けば病名をつけられる可能性だってあります。娘が交通事故にでも遭ったら、間違いなく心を病むでしょう。今から思えば神戸の震災後、少しの間ですがPTSDになったように思います。ハシゴとか登れませんでしたし、エレベーターのような密室が怖かったですね。夜中に突然不安で心臓がバクバク鳴ったこともありました。

    知人は落ち込んでいる時にカウンセリングに行ったらうつ病と言われて、一年間新規の生命保険に入れなかったと怒っていました。絶対に医療点数稼ぎのダシに使われたと今でも言っています。

    精神疾患について母親と話したことがあります。昔から喜怒哀楽の激しい人、好不調の波のある人、人付き合いの出来ない人、一杯いたけれど病名なんて付けなかった。少し変わった人やなあで済んでいて、そういう方は大概責任感があって真面目なので、職人さんの道に入りコツコツと自分のペースで畳を作ったり、瀬戸物を焼いたり、牛を飼ったりしていたそうです。とにかく今は世の中が忙しすぎますし、情報が溢れすぎているんですね。

    双山さん、いろいろ書きましたけれど双極性に感情が振れるということは感情が豊かだと言うことですよ。そういう方こそ打ち込んだ時には素晴らしい作品が書けると思いますよ。この数ヶ月はそういう時だったんですよ。これを続けたらかえって重荷になります、Twitterでも書かせて貰いましたがいつかは書かなくなる日が来ます、それでいいじゃないですか。書きたくなった時に書く、それで誰も責めませんよ。

    明日からのリハビリ出勤、暫くの間は創作や小説のことなんてゴミ箱にポイっと捨てて下さい。あ、アカウントは消さないで下さいよ(笑、読みたい話が残ってますし、三角関係の話だって参考にしたいのが一杯ありますし、とにかく一回放置してみましょう。帰って来られなかったら、帰って来られなかったでいいじゃないですか。いつの間にか伝説の作家になっているかもしれませんよ。

    まあ私が言えることは、私がこれだけくどく長文を書いてコメントしたくなるほど、双山さんの作品には魅力があるという事です(笑

    いつかまたお会い出来たらいいですね、旦那様と仲良くしてくださいね。

  • 完結お疲れ様でした。
    「ネオネースト」と出会って以来、日々の更新が楽しみでした。
    良き出会いをありがとうございます。

    今後も双山様のご無理のないペースで、また素敵な作品を見せて下さることを楽しみにしております。

  • ゆうけんさんへ

    沢山の応援、ありがとうございました!
    酒とタバコとアンドロイドにまみれたこの作品、楽しんでいただけたようで良かったです。
    登場人物たちのことを褒めていただけると、特に励みになります。私の作品にしては多めに登場させたので、ちょっと苦労しました。
    完結してみて、もっと色んなことを盛り込めたかもしれないなあとは思いましたが、この辺りが私の精一杯です。
    「カク」ことからは遠ざかるかもしれませんが、今後も「ヨム」ことはぼちぼちしていこうと思っているので、よろしくお願いします。

  • RAYさんへ

    あたたかいお言葉、ありがとうございます!
    病気のことを書くのはちょっとビクビクしていたのですよ。RAYさんの言葉で安心できました。
    今後もなんだかんだで「カク」ことがあるやもしれません。そのときは、自分の思うまま、好きなように書こうと考えることができました。
    久しぶりの出勤は少しこわいですが、適度に気を抜いて、笑顔で毎日を送れるようゆるく生きようと思います!

  • ユーリ・トヨタさんへ

    沢山の励ましのお言葉、ありがとうございます!
    精神疾患といえども、今はかなり理解が進んでいるので、昔に比べたら生きやすくなっているのだとは日々感じております。
    実際、私の会社でもそうですし。上司も理解がある方です。
    それと、実は私も神戸出身者です。幸い被害の少ない地域でしたが。トヨタさんも辛い思いをされたのですね。
    あっ、アカウントは消しませんからご安心を(笑)!
    読みたい作品があると言っていただけて、とても嬉しいです。
    病気とは上手く付き合い、夫と仲良く、これからも日々を暮らしていきたいです。

  • 板野かもさんへ

    これまで「ネオネースト」への応援、ありがとうございました!
    レビューをいただき、「ヒョウロンカキドリの感想ノート」に取り上げていただいたときは、嬉しくて何度も読み返しました。
    「カク」のはしばらくお休みですが、またひょっこり現れるかもしれません。自分のペースで、今後もカクヨムライフを送っていきたいと思います。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン