こんにちは。生きてます。鈴江さちです。
ああ、何から話そう。とりあえず、作品の事を。

現在、鈴江には柱となるメインの三つの作品があります。
「桜花高校の奇人」「今も隣りへいて欲しい君へ」「アラカルト」の三つです。
「桜花」はコミカルに。「今も」は失われた恋の後先を、「アラカルト」は思いついたショートショートを吐き出す場所です。

そうです。「アラカルト」だけ、鈴江の想いが違います。
鈴江にとっては、「資材倉庫」です。「物置」です。もちろん、アラカルトをご愛顧くださる読者様がおられることは承知の上です。
ですが、アラカルトは、これから向かう先、を模索する場所として書いて来ました。決して、アラカルトに、鈴江の良さが出ているとは思いません。ああ、評価してくれた人ゴメンナサイ…

ですが、やっと、新しいその先が見えてきました。

「千風ちゃん」、とりあえず仮タイトルですが、書きたい物が見えてきました。アラカルトを書いていたからこそ、見えてきた物です。

簡単に説明をば。
来年四十の伯母、千風ちゃん。同居する大学生の俺。
以上です。
説明になっていませんね。ですが、何も決まっていません。

それなのに、さちの胸は、今とても熱いのです。

近日中に、「千風ちゃん」のプロローグをアップします。
男の子に、男性に、女子に、女性に響く何かを、込められればいいなと思っております。
そして、当然、「桜花」「今も」「アラカルト」の続きも執筆中です。

毛色の違う三作品、そして新作! 皆様に愛して頂ければ、鈴江にとってこれ以上の幸せはありません!

最後に。
「桜花」に、番外編の「魔法の言葉」をアップさせて頂きました。面白いです。15センチコンテストにも出しました。

評価じゃなくて、コメントじゃなくて、読んで頂けることが鈴江の喜びです。

長くなりました。締めます。

皆様が、鈴江の作品を読んで頂き、何か感じて頂ければ。
テーマなんてないです。恐れ多いです。

でも、何かを、感じて頂けたら…

それだけです。
それでは、皆様の読書、執筆活動になむなむ。
そして。
まだ顔合わせしていない、妹の旦那様になむなむ。
ほんと、幸せにしないと、後ろかかとまわし蹴りだかんなっ!

以上、鈴江さちでしたあ。