どうも。皆さんはお元気でしょうか。疲れはたまっておりませんか? まあこんなところに来る方がたに、この質問は愚問になってしまうかもしれませんね。

 題名の通り、私はプロフィールにケモナーであると宣言しています。しかも名乗ってすぐです。二文目でケモナーって宣言しているんですよ⁉ ということは、私は本来、ファンタジーや神話より、ケモノが好きな人なんですね。
 ところがどうでしょう? カクヨムでは一作もケモノ小説を挙げていないではありませんか。詐欺ですね。控えめに言っても。もふもふってタグのコンテストもあったのに……、馬鹿か私は。
 
 と、この近況ノートはこうした愚痴とか、自作小説についてつらつらと書きなぐっていく場所です。こんな文を読んでいるくらいなら、正直いって一分一秒でも小説のプロット練っていたほうが有意義な時間を送れますので、その点を踏まえて「見たい」っていう方がいらっしゃるのなら、無理に止めはしません。
 

 「企画のこと」
 自主企画「ファンタジー・SF批評大会」は、現在も開催中でございます。いやしかし、批評って随分と骨の折れる作業ですね。開催するまえ(批評する前)から大体予想は付いていました。難しいことなんだろうな、と。具体的にはまず作品を読みこまなければいけませんし、問題点を指摘するだけではなく、その改善策をも提示するという行為も非常に難しい。やってみて思ったのですが、批評って、私のような未熟者が手掛けて良いものでは無いのでは、と……。
 15作品の批評は約束しましたので、やっていくうちに慣れてくれればいいななんて思っています。

 「連載中の小説のこと」
 そうなんですよ。連載小説の次話を投稿したいのに、批評に時間を取られて思うように書けません。困りものです。また、そんな悩みを抱えているにも関わらず、新たに一つエッセイを書き始めたという馬鹿は私です。
 ながらく連載中であった「カクヨムの書き方」は、昨日気合を入れて完結。やっとか。予定では4/4日くらいには完結しているはずだったんだけどなあ。
 そうそう、連載中ではないのですが、短編を新しく投稿しました。「世界_おもちゃ箱」という作品です。ジャンル「ホラー」の作品は書いたことが無かったので、実験的に……。早速レビューをいただいて、感極まりました!
 あと、一つだけ趣味全開の小説があるのですが、そこではまた何のつながりもなかった方々と交流が出来て、楽しいです。また書いてて一番楽しい!(これ重要)
 やっぱり書くのなら、楽しまなくては。趣味の域を超えてはなりませんね。
 

4件のコメント

  •  お疲れ様です。大変な作業だろうな、とは思っております。私には一行たりとも読めないものをしっかり読んで、それを消化し、元の作者様への指標になるように書く——並大抵のことでは出来ないと思います。
     私には「頑張って下さい」くらいのありきたりな言葉しか掛けられませんが(^^;

     無理せずに、頑張って下さい。
     参加する方には、大変有意義な企画をありがとうございました。


  •  大地 鷲 様、ご来訪&コメントお疲れ様です。
     「頑張って下さい」だけでも、私には気付けとなり得ます。いや、そもそもこちらの文を読んでいただいて、さらに感想を残してくださった、その事実が既に励ましになっています!
     適度に休息をとりつつも、なるべく多くの批評・論評を、なるべく多くの方に届けたい。ゆえにこれからもちょびっと無理をしていこうと思います(笑)。

     また、有意義なのは参加していただいた方だけではありません。実は私たち論評者も、批評を通して学ぶことが多々あります。例えば私の場合、自分の欠点を応募者様への指摘をきっかけに認識することになりましたし、小説についてより深い知恵を得ることもできました。

     さて、この度はご参加ありがとうございました。企画が思わずともウィンウィンなものとなり、願ってもみなかった幸運をかみしめている次第です。
     また何かコメント、感想、改善点などがございましたら、こうしてお知らせいただけると助かります! では、大地様のさらなるご活躍を願っておりますね。

  •  こんばんは、大地です。
     草月さんにお詫びしなければならないことを、すっかり忘れておりました。

     草月さんの企画に参加させて頂いた当方の「サテライト・ガール」ですが、連絡もしないままにリライトの為に埋めてしまいました。

     リライトは間もなく終わり、また少しずつ晒していくつもりでおります。宜しければお目汚し頂けると幸いです。

     今回は本当に申し訳ありませんでした。

  •  ああ、そんな、わざわざご報告までしてくださったのですか! ありがとうございます。

     いえ、大地様が詫びる必要は、何一つありません。むしろ論評する側としましては、批評を基にリライトしていただけるのが一番うれしいのです。お気になさらず。

     では、新たに生まれ変わった「サテライト・ガール」、時間が空き次第拝読していこうかと思います。リライト応援しております。
     

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン