キャラ紹介5 誇り高き剣士 華麗なる五女 アナスタシア・マリア・シェフィールド

エルスワース辺境伯ヘンリー・ジョナサン・シェフィールドの娘にして、嫡男アンドリューの姉です。
容姿端麗・頭脳明晰な才媛ですが、ヘンリーの豪胆さや剣術の素質は、弟のアンドリューではなく、彼女に色濃く遺伝してしまいました。

そのため伴侶とする者に求める条件=ハードルは非常に高く、自分以上の剣技を持つ騎士や剣士しか認めないと公言して憚らず、社交の席で恥をかかない程度の振る舞いを行ないはしますが、軟弱な貴公子には興味を持たないため、嫁ぎ先がない状態に陥ってしまいました。

娘のあまりの猛者ぶりに、悩みに悩んだ末、ヘンリーが頼った先は賢者スライでした。
それでも女性的な顔立ちと軟弱そうな外見を持つスライを優男(やさおとこ)と侮ったアナスタシアはさんざんにスライを嘲笑しますが、スライの剣術の前にあっという間に敗れてしまいます。

自分が天狗になっていたことを自覚し、その行為を恥じた彼女は『見聞を広めたい』と半ば押しかけけるような形でスライの五番目の弟子となりました。

スライの剣技をひた向きに学習した結果、|魔導剣士《メイジナイト》として、姉弟子ミシェルに匹敵するほどの剣の腕前を持つまでに至ります。

しかし、一度家庭に戻れば、今は亡き母親の代わりに、エルスワース辺境伯夫人としての務めも果たし、弟思いの優しい姉としての一面もいかんなく発揮されます。

ヴァルキリーのメンバーの中では追加加入のシェリルを除いたら最年少なのですが、平民や孤児、亜人種が多く、アルフォード大聖堂ともかかわりが深いクランの中では、礼儀作法の指導は彼女が行っており、誰にも厳しく贔屓もしないため、実質『二番弟子扱い』になっています。

そんなナーシャをイラスト化しました。できれば今度はデジタルイラストで描きたいものです。

2件のコメント

  • 容姿端麗なうえ頭脳明晰な才媛、そして腕もいいなんて完璧ですね。
    剣の炎はどうやって描いているんですか?
    すごいです! 燃えています。
    全員揃ったら、めちゃくちゃカッコいい絵になりそうです。
  • ご慧眼恐れ入ります。
    このイラストのキモは魔剣にあります。実はこれ、剣を持つナーシャの絵と炎だけの絵二枚の絵を組み合わせて、デジタルで透過処理しております。それぞれの絵はコピックとか絵の具で描いたアナログの絵ですが、組み合わせたらどうなるかなと思っての実験的作画でした。
    ヴァルキリーのメンバーもあと僅かになってきましたね。

    ハナスさんには感謝しかございませんです。。
コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する