うちの子(シェリル・ユーリアラスと最上科乃)について

実は私、執筆歴だけは長いのです。
初めて小説を書いたのは、1984年……16歳の時。当時流行していたアニメ『超時空要塞マクロス』の世界を借りた今でいう二次創作を書いてました。本編後半で、人類が生存を求めて宇宙に移民を送るという件があり、そこからの分岐で物語を書いてました。
改めて当時書いていたノートを読み返すたびに、その酷い内容に卒倒したくなるのです。タイムマシンがあったら、遡って当時の私にダメ出ししたいレベルです。
ヒロインが居住可能惑星に到達して調査隊に志願し、惑星に降下する。その際に謎の勢力の攻撃を受けて調査機は被弾墜落。そこを護衛隊の隊長がバルキリーで決死の救出を行うが、護衛隊は全滅。残されたヒロインと隊長が二人惑星に取り残され、そこから新たな生活を始める……と……?
そのヒロインの名はソフィー。護衛隊の隊長でソフィーと恋人になる若者はテリー。

ん……?

はい、現在連載中の「ノイルフェールの伝説」に出てくる慈母神ソフィーと天空神テリーの二柱の名前と同じなのです。
とまぁ少しネタバレしましたけど「賢者と呼ばれしエルフ編」には、この二人は実体として登場することはないのですが、実は最初に描き始めた小説が途中、仕事に追われ途中何度も中断してますが、オリジナル小説に改稿し、肉付けやプロットを修正して書き直しているところです。

その中で書いては見たものの、現代的過ぎてファンタジーにはそぐわない内容も出てくるわけでありまして、それを分類し新たに別世界のストーリーとして再構成して書いているのが「異世界からの挑戦」です。

ですので「ノイルフェールの伝説」のヒロインであるシェリルと「異世界からの挑戦」のヒロインである科乃は同一人物なんですよね。
なので、イラスト化するとよく似ています。

スピンオフである短編
光の旋律 ~流れ星への願い…ペルセウス座流星群の夜に~
https://kakuyomu.jp/my/works/1177354054895015932
には、シェリルも科乃も両方出てきます。「あなたはわたし」と言ってますし。

いい歳したオッサンが何やってるのか?
とも思うのですが、途中中断もありながら30年近くチマチマ書いてきたことをせめてWEBでは遺しておきたいなと思い稚拙なイラストも含めて綴っていきます。

長い物語でお時間を頂戴して申し訳ないので、本当に気が向いた方だけ、お付き合いいただければと存じます。
画像は左がシェリルで右が科乃です。

2件のコメント

  • すごく可愛いですね、二人とも。シェリルちゃんと科乃ちゃんって同一人物なんですね。私、未読の作品もあるので……。教えて下さりありがとうございます。

    驚きました。1984年に16才ですか!
    ということは、えー! 同世代、いや同い年かもしれません。

    ここだけの話、ずっと二十代の男の子だと思ってました。なんでだろ?
    けれどこれで色々納得です。

    イラストも描けて、すごいですね。感動。
    近況ノートで見る事が出来るようになって嬉しいです。
    ありがとうございます😊

  • ハナスさん、お越しいただきありがとうございます!
    なろう!では全話とはいかなくても一部でイラストを乗っけてますが、カクヨムはそういう仕様になっていないので、紹介がてら近況ノートを書こうと思ってます。
    絵師ではないので、中途半端なイラストしか描けませんが、MIKUMAの頭の中でシェリルや科乃はこんな感じってご理解いただけると嬉しいです。
    って、私が浮かれると精霊ズが騒ぎ出すので覗いてみましょうww

    ぷちぷち精霊ズ
    ------------------------

    火精霊「わぁー、ハナスさんだよ~」
    水精霊「こんなへんきょうに人が来るの久しぶりだね~」
    土精霊「たいへん! おもてなしだ~!」Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
    風精霊「ねぇねぇ、どうねんだいってなぁに?」
    風精霊2「あんた、そんなことも知らないの? おともだちってことでしょ?」
    風精霊「そっか! ぼくと2ちゃんといっしょだね~」
    風精霊2「ばばばばっバカなこと言ってないで、しごとするわよ!」(*・ ・*)ポッ
    火精霊「テリーさまはいいひとだよ~」
    水精霊「ぼくたちサイズの椅子とテーブルつくってくれるよ~」
    土精霊「ソフィーさまはやさいよ~」
    火精霊「そこはやさいじゃなくてやさしいだよ~」
    水精霊「めがみさまだからね~」
    土精霊「だからやさいがいっぱいそだつよ~」
    火精霊「テリーさまとソフィーさま、どっちがえらいのかなぁ?」
    水精霊「テリーさまじゃない? ソフィーさま頭なでなでされるとうれしそうだよ~」
    土精霊「ソフィーさまだよ~ ときどきテリーさまソフィーさまの前に座って頭にチューされてるから」
    水精霊「チューかぁ、いいなぁ! 火くん、ぼくとチューしようよ~」
    火精霊「わぁーよるなぁぁ! 火が消えるぅぅぅ!」
    土精霊「じゃあ水くん、ぼくとはぁ?」
    水精霊「えーー!やだぁ! 吸い込まれるもん」
    土精霊「がーーーん!」

    お後がよろしいようで( ^ω^)・・・
コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する