2020年7月19日 にプロローグ『蒼茫の賢者』を公開して9か月。
本日3000PVに到達しました。途中改稿や追記があり公開していた部分を引っ込め第三章に繰り延べたりしていたり、PCやバックアップデータごと原稿が吹っ飛んだり、スランプになったり、骨折したりと決して順風満帆なものではございませんが、エタらずに続いております。

本日時点で全40話/209,222文字

それでもプロットの1/4も描き切れておりません。生きている内に完結できるのかな?
という気にもなりますが、何とか書き切りたいと思います。
「ライトで読みやすく展開が速い一人称小説」作品が読み手が増えるというのは判っておりますが、この作品はその真逆を行っております。

シルヴェスター・シェフィールドという一人のハイエルフの能力は絶大ですが、それ故に『戦略兵器』扱いされ周りから人格を認めてもらえなかった過去があります。
そんなスライに恋し、寄り添いながら彼に向き合おうとするシェリル。二人の関係が時を追うごとに深まっていく様をご覧いただければなと思います。

これまでお付き合い頂きましたことを暑く御礼申し上げます。
また、引き続きお付き合い頂けるよう努力しますのでどうぞよろしくお願いいたします。
本当にご覧いただきありがとうございますm(_ _)m