「受動的資格の時代」を書きました。

このところ何も思い浮かばないので、半ば無理矢理考えみました。
んー、ちょっと複雑だな。
眠気と戦いながら読んでいると、書いた自分でも訳が分からなくなりそうな話です。

それと、オチに向けて、もうひと捻りが思い浮かびそうで、思い浮かばなかったです。
無念。
思いついたら内容をイジるかもしれませんが、思い浮かぶ可能性はかなり低いですね…。

まぁ、とりあえず一つ出来たという事で、今日のところは良しとします。