タイトル通り、公募に送ろうと躍起になっている略称『ベタ惚れ』。通常版はあまりにも稚拙な文章だったと思い、現在改稿版を書いております。ただ問題点が……。実はあまりにも張り切って書いた結果、規定に収まらない量になってしまいました。現在の執筆状況が九万字越えで……ページ数換算で240枚越え。で、残り30枚しか書けないと。いやいや、流石にそれでは足りないよーとなったわけです。私の小説は会話文が兎に角多いので多分それでページ数が足りなくなったと思っています。うう……自分があまりにも愚かだと思ってしまう。で、公募の日数まで残り短いということもあり、ちょいと物語を削ります。つまり何を言いたいのかと申しますと、『第十二話』から大幅に改善します。(ってか、カットしました)本来なら入れたかったエピソードをカットすることになりました、く、悔しい。本当に申し訳ないです。