「刹幌電視台の怪人」というミステリー風現代ファンタジーをアップしました。昨年、「文学フリマ」に参加した時のことがヒントになっています。一話完結でわりと短めの話なので、お茶のお供に、休日の暇つぶしにぜひどうぞ。