『空間術士』は現在、ストックが8話ほど溜まっておりますので、毎日19時に更新する予定です。

 この『空間術士』に書いていただいたレビューに関して、少しお話しをさせていただきたいと思います。
 自分は小説を書く時に基本的に一話一話、とは見ずに単行本の一部と捉えております。書籍化なんて夢のまた夢ですが、考えとしては一冊の本を書いているイメージです。
 なので、一巻分。今で言えば第一部は序章から終章まで全てをひっくるめてのお話しとなっています。そして、例え第一部で終わっても大丈夫なように謎は残しつつも直近の問題は全て解決、回収し、綺麗に終わらせる予定です。かつての仲間のことや王女の問題もそうです。なので、王女の話しばかりしているから序章はいらない、ということには今後の展開からしてなりません。ちゃんとかつての仲間にもスポットライトは当たります。まあ、それが皆様の意に沿うざまぁにはならないかもしれませんが……。
 すぐにざまぁをしてテキトーにスカッとするのでも良かったのですが、それだけだと深みがなく、一つの本として考えた時に話しが行き当たりばったりのものになってしまうので、やりたかった王女の話しも絡めました。
 とまあ、つらつら書いてきましたが、こう見ると自分は基本的に一話一話短く投稿するネット小説に向いてないのがわかりました。やめるつもりはありませんが。
 願わくば、第一部全てが終わってから一気読みしていただくのが一番ベストかな、と思いました。もちろん、毎日コツコツ読んでくださるのでも全然大丈夫です。

 いつも読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。