コンテストに出している床屋のおじさんコメディですが、当初の予想より上に来て(週間19位……だと!?)カテエラ野郎と言われても仕方ないので、できるだけキャラ文芸に寄せられるように少々タイトル、あらすじを変更することにいたしました。

私が書きたいのはあくまでもキャラクターの掛け合いやテンポ、床屋のおじさんが送る人外たちとの交流物語なので、作者自身「これはキャラ文芸である」と胸を張って言います。
が、それでも不快感を覚える方もいるかもしれないと思ったので、少しだけ変更することにしました。

中身は相変わらずなので、今後とも床屋のおじさん奮闘記を片手間にでもお楽しみください。