『往日遺譚』の公開を、一時休止しようと思います。
公募に挑戦したり、他の小説に力を入れているあいだ、書かずに置いていたため、当初の熱量を思い出せなくなりました。
設定や展開を見つめ直し、しっかり物語に向き合って、ひと回り大きくなった吾野になってからもう一度書きたいと思います。
お読みくださっていた皆様には申し訳ありません。