いつまでもこういった場所でひっそり作品を公開するだけだと思っていたので、まさか正式な形で自分の作った作品が世に出ることになるとは思っていませんでした。
と言ってもしがない学生サークルの同人作品としてなんですけどね。
しかしこういった形でも「出版」には変わりありません。
私の長年の夢が叶って大満足です。
私は作風というか信条というか、そういったしっかりした芯がないため未だに安定した作風を確立できていません。
過去の作品を読み返して赤面する日々です。
いつか、胸を張って誰かに自慢できるような作品を作りたいものです。

サークルの宣伝はしません。
それと一つ、同人として作った作品をここに投稿してもいいんですかね。
一様お金を頂いて売る商品なので、無料で公開するのはどうかと思っているのですが。
まあもしかしたら、いずれ公開するかもしれません。
今度の文学フリマに参加する予定なので、よかったら足を運んでみてください。
もしかしたら貴方が、私の書いた小説を手に取るかもしれませんね。