一月中頃から、ちょうどウィンドウズ7のサポートも終わるので、ついでに制作環境も一新しようと思い立ちました。

 10のPCもあったのですが、ほぼ放置でもったいない状態でした。それを少しずつメインにしようとソフトを買い直したりして、今も調整中です。

 絵についても、やはりアナログが一番描きやすいことに気づき、物事の本質はとてもシンプルだと改めて教えられた気分でいます。

 さて、小説の話に戻しますと、一度切れたことはやはり良かったと思っています。

 もともとスレイブサーガは、テンポよく進めていくためにしっかりと章分けしてサクサクやる予定でした。アニメを参考にして、まずは十二話分(小説でいえば三巻くらい?)やってみて、いけそうなら24話で終わらせておこうかなとも考えていたくらいです。

 ただやはりと申しますか、燃焼系の世界でのお話となると長くなるのが定番です。これは仕方ないですね。三国志や戦国史のように大きな流れを含めて動かすので、どうしても長くなります。

 それとアクセス数が増えてきたので、私自身も嬉しくなってついつい迎合して余計な話を入れたり、個人的に愛着のあるキャラを掘り下げたりして時間を使っていました。

 まあ、好きなキャラを掘り下げるのは今後もやりますが、悪い癖が出てかなり長引いていたので、一度切れたことによってそのあたりが改善されると思います。

 もちろんサナについては丁寧に描いていく予定です。たっぷりと成長を描くためにウェブ小説という媒体を選んでいるので、好きなだけやりたいものです。


 改めて決意したのが、【続ける】こと。


 私なりに面白い作品を作り続け、提供し続けることです。

 私個人が燃焼系作品を作る目的の一つに、日本という国を良くするために少しでも貢献したい、というものがあります。

 そのやり方も考え方も人それぞれですが、やはり私が大好きな分野である侍や武士といったものの気高い部分、誇り高さや潔さ、正々堂々とした部分を現代風にアレンジ(あるいは美化)して、普段の生活に良い影響を与えたいと思っています。

 そのアプローチの仕方はそれぞれで、スレイブサーガなどは多少反対側から攻めた作品となりますが、十二英雄伝などはそうした部分が強調された作品となっています。

 それ以外にもいろいろと作りますが、何より燃焼系作品を続けることが私の望みでもあり、みなさんに楽しみを提供できる手段だと確信しておりますので、ペースは遅いですが何としても続けたいと思います。

 ということで、小説は続けるのでご安心くださいませ、というお話でした(;^ω^)

 次の更新も早いうちにやりたいですが、絵の仕事と両立しておりますので、とりあえず今週中を目標にやっていくつもりでいます。気分が乗ればそれなりに早く更新されることもあります。それはそのつど、この場でお知らせできればと思います。

 それでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします。