どうにもシリアスとギャグをどっちに振ればいいのか、悩んでいたのですが、この際だからもっと尖らせて突き抜けた方がいいのでは? と思いで書きました。4話までに比べて更に尖ってると感じたら、狙い通りですがどうでしょうかね。
 なにぶん小説投稿は初めてなので分からない所や、表現不足、誤字脱字などがあるかもしれませんが、楽しんでいただければ幸いです。