小説の書き方に『 決まり 』は無くとも、『 セオリー 』が存在する事は、先の創作論『 異世界モノ、ちょっと斬ってみた件について 』でも書きましたが、最近、創作論が非常に多く投稿されるようになり、「 ちょっと変じゃね? 」的な列挙が散見されるようになりました。
あくまで『 参考 』・『 意見 』・『 提案 』として記述されているのであればまだしも、ハッキリと「 これは間違いです 」と書かれてあるものもあり、作者の知的レベルを疑います……

特に気になったのが『 数字 』の記述。
例えば『 1990年 』としましょう。 私は、この表記で問題無いと思います。
これを、『 一九九〇年 』と記述されるのが正解だ、と言われる方がいらっしゃいました。 さすがに『 千九百九十年 』と書かれる方は、いないと思いますが……
『 数十メートル 』や『 身長は百六五センチ 』等、この表記が正しいとの事。

確かに、正解でしょう。
しかし、書いている書式は『 横書き 』です。 …読み易いですか? コレ。

新聞なら、そうなる事でしょうね。
小説も、元々は縦書きです。
しかし、横書きの創作がほとんど、となった昨今、その定義は通用するとは思えません。

『 温故知新 』

この言葉の意味を知り、『 読む 』と言うシチュエーションを念頭に考え、判断・実行して欲しいですね。

私は、創作した作品を保存する際、全て『 縦書き 』にして保管しています。
句読点の校正が、主な狙いなのですが、とりあえずは、そのまま。 それ以上に、最優先的に校正しているのが『 数字 』です。
全て、漢字に直し、新聞と同じ形態にして保存しています。
その意図は、先記した通り『 小説は本来、縦書き 』だからです。

縦書きに直し、自身の『 作品 』を眺めます。
すると、横書きでは見えなかった『 文章構成 』の稚拙さを、垣間見る事が出来るのです。
そこで、再度、文章を校正し、保存……
まあ、最近は余暇も無く、中々に満足出来る『 最終校正 』は施せていませんが、数字の変換だけは、必ずやっています。

空論的な知識の押し付けでは無く、『 読んでもらう為の 』、現実的なアドバイスに終始して頂きたいものです。


*この内容を校正したものを、論評『 異世界モノ、ちょっと斬ってみた件について 』の第9章:『 情景描写の書き方 』に附け加えました。