マジックストーリー第13章『春、再び~それぞれの勇気~』が終了しました。

2年生編最初のお話はいかがだったでしょうか?

クラス分け、新しい担任の先生など、学生時代にみんなが経験したことを、緑依風達も通っていきました。

この物語の主役は緑依風と亜梨明なので、1年生の時に彼女達を担任した波多野先生の出番が少なくなるのはちょっと寂しく思いつつ、初担任を務めることになった梅原先生も、頼りなくておっちょこちょいだけど頑張り屋さんなので、応援したい気持ちです(笑)

ちなみに作者が波多野先生かなりお気に入りなので、2年生編もちょびっと出てきます。

今回のサブタイトル『第13章 春、再び~それぞれの勇気~』の名づけ由来は、亜梨明のために彼女への恋心を手放し、ライバルの爽太へ託す決意をした風麻、爽太と仲直りするために、自ら行動を起こすと決めた亜梨明、罪悪感に苛まれて自分の気持ちを封じようとした爽太が、亜梨明と自分の気持ちに向き合う、3人の『勇気』をテーマにしたことから決めました。

作者自身が気に入っている話がいくつかあるのですが、その中でも今回の『第172話 さらば、俺の初恋』は、自分が読む用に作っていた時代からのお気に入りストーリーTOP5に入るくらいに思い入れの強い回です^^

普段はやんちゃで子供っぽい少年の風麻が、大切な人のために初恋と別れる決心をするというのが、彼の成長を現したというか、きっと大人でもなかなかできないことだよなぁと……。

私はマジストを作ったという意識よりも、頭の中に自然に彼らのやり取りのアニメーションが流れてくるのを文字にしているという感覚の方が強いので、その映像が出てきたときに「え、風麻すごいな…よくそんなこと決められたな」と当時思っていました。

そして13章最後の回、『明日』

ここで語ったことは無いですが、Twitterでは亜梨明と爽太のことを『明日コンビ』と呼んでいます。

理由は亜梨明の『明』と爽太の苗字、日下の『日』から(笑)

この2人にとっての『明日』は、緑依風や風麻達よりも当たり前から少し遠いものだなと思っています。

亜梨明、そして病気が治るまでの爽太にとって『明日』が来ることって、親にお金を出してもらって、お医者さんの治療を受けて命を繋いでもらっているから迎えられるもので、他の同年代の子供達よりも『明日』は特別で、2人のコンビ名が浮かんだ時にぴったりだな~って。

そんな2人が仲直りすることができて、久しぶりに「また明日」と約束していたにも関わらず、亜梨明に予期せぬ事態が起こって、それが叶わなくなってしまう……。

亜梨明も爽太も、指切りをした時はそんなことを微塵も思っていなかったでしょう。


14章は、亜梨明に待ち受ける更なる悲劇。それを知った緑依風達と己の無力さに絶望した爽太が、亜梨明のためにどう動くのか――?

楽しみにお待ちいただけると幸いです!

それでは、次章もよろしくお願いします~!!

2件のコメント

  • 13章執筆お疲れ様です。こんなに素晴らしい物語を小学生時代から構想されてたことがほんとにすごいと思います。自分も13章の中では風麻の勇気を称えたいです。自分の思いが届かなくても好きになった娘の幸せを願うことができる風麻は凄いです。
    さて「マジックストーリーの主役が緑依風と亜梨明」と作者様にこう言っていただいて自分としては助かります。というのも実は感想とかで「主人公」とか「主役」と言う言葉を亜梨明に使うの躊躇ってました。マジックストーリーのキャラクターはみんな好きで、亜梨明が主役って言っちゃうのは他の子に対して申し訳ないなと思ってました。
    『明日』という言葉は爽太と亜梨明にとって他の子たちと違い重い意味を持つのですね。普段他の子にとって当たり前の『明日』がこないかもしれない恐怖を二人とも経験している...

    14章も亜梨明の回復を信じながら待っています

  • @C766188さん

    お言葉ありがとうございます。
    キャラクターの設定や性格は小学生からでしたが、今のマジックストーリーの基盤となる物語は中学生の頃でして、それでも随分長い付き合いになるので、そう仰っていただきとても嬉しいです(*´ω`*)

    風麻の勇気も称えていただき、彼も喜んでいると思います!

    >「マジックストーリーの主役が緑依風と亜梨明」と作者様にこう言っていただいて自分としては助かります。

    いやはや、申し訳ないです!!
    自分で勝手にすっかりこの二人が主人公で定着していたので、そういえばTwitterでは言ったけど、小説サイトでわかりやすく作品紹介シーンに記載はなかったなと、今になって気付きました(;゚Д゚)

    一応、緑依風と亜梨明、二人の少女の恋物語を中心に、緑依風の幼馴染で想い人の風麻、亜梨明と同じ痛みを知る爽太がいて、そこに奏音と星華ってイメージで進めております(汗)

    キャラクターみんなを好きと言ってくださるのも、本当に嬉しくて嬉しくて、主役の二人以外にもお気に入りの子はたくさんいるので、作者として感謝の気持ちでいっぱいでございます^^

    >『明日』という言葉は爽太と亜梨明にとって他の子たちと違い重い意味を持つのですね。

    はい。
    亜梨明も爽太も、自分には『明日』が来ないかもしれない。大人になる日なんて無いのかもしれないという想いを抱えながら日々を過ごしていたので、『明日』が続くこと自体がみんなより特別なんですよね…。

    亜梨明はまさに、現状それが終わってしまうかもしれない窮地に立たされております。

    亜梨明のことを案じてくださりありがとうございます。
    次章も重い場面からのスタートになりますが、彼らをどうか見守ってあげてください。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン