「なんで生まれて来たんだろう」

いじめに遭う子たちもそうですし、さまざまな悩みを抱えるひとたちが泣き出したい気持ちでこうつぶやくことがあると思います・・・

「いつもひそかに生きてる」はいじめを無くす目的に特化したエッセイです。わたしの恩人が残してくれた詩のような言葉が大きな役割を果たします。
その恩人はずっと昔の人で、精神疾患を持つ長屋の店子さんたちが苦しみから夜中に大きな声を上げると、「そうかそうかよしよし」と背中をさすり慰めるような、そんな人でした。
このエッセイを100話で区切りとします。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054885165152/episodes/1177354054887068827

そして、「ある少女のブログ」は『いじめ根絶の研究』をライフワークとする女子高生の物語です。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881439270


愚かなわたしが筆を染めて書いたエッセイと小説にお付き合いいただけたら、この上ない幸せです。