カクヨム3周年記念選手権用の作品を書いたのですよ。
今日は午後から仕事で、家のパソコンでお題を確認した後、仕事の休憩時間にスマホを使って書いていきました。
で、午後7時前。ようやく完成して、さあ投稿するぞってなった時、どう操作を誤ったのか、画面がYahooのトップページに切り替わりました。
慌てて画面を戻してみるも、消えた文字は帰ってこない。3800文字が消滅してしまいました。

仕事が終わって、家に帰って。どうにかもう一度書きました。そんなわけで当初の予定より6時間遅れの投稿になってしまいましたが、皆様どうかよろしくお願いします。
前回投稿したのが、苦みの利いた話だったので、今回は甘いお話にしてみました。
『咲かない花、叶えたい夢』の番外編となっています。夜中の投稿になってしまいましたけど、読んでくれる人がいたらいいな……



執筆に時間が掛かってしまいましたけど、これから色んな人の小説を読んでいくつもりです。
ただ、これは三周年企画が始まってからずっと想っている事ですけど……読みたい作品が多すぎですね(;^_^A
この企画が始まってから、50作品以上に星をやっています。しかしその反面、時間が無くてレビューやコメントを、書きたくても中々書けません。
本当はもっと書きたいのに、難しそうです(>_<)

20件のコメント

  • 無月弟様

    このたびは拙作『恋歌』にお星様をくださり、ありがとうございました。
    シチュエーションラブコメの定義が分からず、反応も怖かったのですが、少しでもお楽しみいただけたならよかったです。

    近況ノート読ませていただきました。
    原稿が消えるなんて……恐ろしいことがあるものですね(´;ω;`)。
    あとで必ず読ませていただきます。

    3周年記念企画、書くのはもちろん、読むのもたいへんになりますよね(^_^;)。
    すごく共感しました。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  • 弟さん

    おはようございます(^-^)

    >KAC2
    私も自分で書きながら全部のシーンの影響を受けちゃう方なので、流せなくて何か悲しくなりました。現実はたぶんこうなんでしょうけどね。でも、暗黙のルール的な存在であって、重罪とか書かれちゃうと本当にうーってなります(>_<) ほとんどいじめに近いし。
    何よりこんなことで振り回されてる主人公たちがかわいそうで。やっぱり物語みたいに、カッコいいヒーローがビシッと言ってハッピーエンドなんて実際には少ないんだろうなぁとか。
    弟さんの女子はリアリティがあるから尚更でしょうね(笑)うん、だから私も敢えての「二月十四日の秘薬」でのクラス全体仲良しを書いたんですよ。最近、歪な人間関係のお話が多くて、一クラスでもいいからそういうのが無くなって欲しくて。気持ちは一緒です。分かってます。伝わってます。でも、うーってなっちゃうのです。゚(゚´Д`゚)゚。

    >KAC3
    弟さん! な・ん・で・す・と!?
    私が力尽きて寝ていた間に(笑)、そんなミラクルが起きていたとはっ!
    あのね、橘ゆえさんの作品も私へのご褒美だと思ったんです。ていうかこのお題自体、もしかしたら運営さんから私への心のご褒美なんじゃないかとすら思ってたんです。
    それがっ、まさかっ、えーっっっ!?
    もうすでに大興奮してます(笑)
    今回はユメ×香里ちゃんの絡みがあるかなー? あるといいなー♪ うふふーっ(#^.^#)
    あ、何か泣きそうです。
    よろしければどうぞって、必ず行きます! 待ってて下さい! 行かなかったら弟さんと、特にユメが泣いちゃうし!
    弟さんはやっぱり神様です。゚(゚´Д`゚)゚。
    朝なので(((o(*゚▽゚*)o)))♡は、使いません。
    でも、ユメー!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

  • ノートの記事、今読みました。
    切な過ぎますね!(T-T)
    消えた文字たちは今どこにいるのか。
    どこで一人歩きしているのか……ふふっ。

  • 和希さん

    恋歌、凄くドキドキしましたよ(^^)/
    歌にのせて、上手に気持ちを伝えていましたね。面と向かっては言いにくいかもしれませんけど、歌にすることで気持ちを伝える。立派なシチュエーションラブコメですよ( *´艸`)

    原稿が消えたのはショックでした。仕事場にもかかわらず、スマホを床に叩きつけたくなるくらいに……
    何とか書き直しましたけど、次から気を付けたいです。今回の企画は読みたい作品が非常に多くて、時間との戦いにもなりますから、こういったロスは避けたいですよ。

  • 仲咲香里さん

    KAC2は自分でも書いてて辛かったですけど、そのぶんKAC3では大いに遊びました。
    本当はもっと早くに投稿してお見せしたかったのですが、先にあげたトラブルのせいで結局日をまたぐことに。
    それても全力で描きました。今回は今までとはちょっと違うユメが、見れるはずです( =^ω^)

  • こんばんは。すいません、あんまりにあんまりなタイトルについ反応しちゃいました(;・∀・) 3800文字とか……あの甘いお話の裏にそんな悪夢があったとは。よく萎えずに書き直してくれました。そして、バックアップはこまめにとろうとあらためて思いました(´・∀・`)

  • 無月弟さん、こんばんは。それは、かなりショックですね。ご苦労様です。

    そして、このたびは、「イチゴパフェと膝小僧」に応援とやさしいコメント、それに星をつけてくださり、どうもありがとうございました。

    用件のみですが、失礼しました。

  • 無月弟様

    『恋歌』に続き『黙って私の歌を聴け!』のほうにもお星様をくださり、ありがとうございました。
    また作品も読ませていただきますね。
    改めてよろしくお願いいたします。

  • 野々ちえさん

    思わずスマホを、床にたたきつけたくなってしまいました。そんなことしても、意味が無いですけど。
    気を取り直して書き直したものの、下がったモチベーションで、以前ほど甘く書けるかどうかが心配でした。
    バックアップは小まめに。痛感しました(;^_^A

  • 春川晴人さん

    消えた後しばらくは、心が折れて書き直す気にはなれませんでした。気分電管にいくらか作品を読んだおかげで、何とか立ち直る事ができましたけど。
    「イチゴパフェと膝小僧」、とても甘くて面白かったです。彼にはこれからも、ゆかりさんに振り回されてもらいたいです。

  • 和希さん

    『黙って私の歌を聴け!』、久し振りに読みましたけど、やっぱり面白いですね。
    三周年記念選手権、まだまだ残っていますけど、頑張ってください(≧▽≦)

  •  初めまして。今日は。
     ご作品『私は1番好きな男の子を、2番目に好きといった』、とても迫力がありました。
     それから、私の作品『こっちにこないで!』に星と応援コメントを頂きありがとうございます! この上なく満たされた素晴らしい喜びを味わっております。
     今後ともよろしくお願い致します。

  • マスケッターさん
    コメントありがとうございます。
    実は前から名前は知っていて、いつか作品を読みたいって思っていたのですが、『こっちにこないで!』のレビューを見て、読んでみたくなりました。
    あの展開には笑いました。なにやってるんですかと、ツッコミたくなりましたよ(^^)

    自分の作品も読んでくださって、ありがとうございます(^∇^)

  • いえいえ^^
    とってもいいシチュエーションラブコメでしたよっ (*´∀`*)!
    私、こんなん描けないから、
    ほんと尊敬ヽ(´▽`)/です。
    あ、ここ重要だから!
    (ヤバイ、ハマってる……)

    こんなわたくし(=^ェ^=)ですが。
    これからも仲良くしてやってくださいね

  • 弟さん

    『花咲く君へ、令状請求』、このちょっぴり恥ずかしいタイトルのお話へ、応援、コメント、お星様をありがとうございました!
    これでシチュエーションラブコメのお題を満たせていたのでしょうか……? 自分ではよく分かりません。

    でも、ハナとユメは安定のラブコメ! これぞラブコメ! 熱でうなされたユメが、香里ちゃん……て、うわ言を言ってくれれば☆100個差し上げたいところでした(笑)
    仕方ないので、今日はそんな夢を見ますp(^_^)q

  • 無月弟さま、こんばんは。

    『紙とペンと⚪⚪』を読んで頂き、応援コメント、更にレビュー☆まで下さってありがとうございます!

    これはお題を見た瞬間思い出した事を、何も考えずにただ書いただけのものです。エッセイというのを書いた事がないのでこれはエッセイなのか?と疑問に思いながら投稿しました(^^)

    ところで応援コメントに書いてらっしゃった手違いで文章が消えたというのは、この事だったのですね((T_T))

    私だったらショックで二日は寝込むかも知れません(>_<)
    すぐに立ち直って書き直しするなんて凄いですね(//∇//)

    それでは改めて。
    ありがとうございました!m(_ _)m

  • 琳さん

    コメントに書いた文章が消えたは、こういう事だったのですよ。仕事の休憩時間に起きた出来事だったので、その後ショックでミスをしないか心配でした。
    何とか書き直しましたけど、やはり大まかなストーリーは同じでも、細かい描写は復元できませんね。
    小さな差かもしれないですけど、描写は大事にしていきたいので、今後このような事が無いよう、注意していきたいです(;^_^A

  • 弟さん

    えっ、待って。
    ハナとユメ、コメントの返信いただいた内容の方が私的に好きなんですけど! この少ない描写だけで大興奮です! でも、文字数、分かります。追記して欲しいけど、うーっ。
    もうKAC関係なくこれ描いて欲しいです! それぐらいツボです。ストライクです。キュンどころじゃなく、ギュン! って感じです(((o(*゚▽゚*)o)))♡

    そうそう、お兄さんとの卒業のお話で思ったんですけど、KACって投稿期限過ぎてからの書き直しって別にいいんですよね? ダメって書いてないですもんね? 私も書き直ししてるんですけど、それは私は賞を狙ってないからで、もしお兄さんが目指していらっしゃったら申し訳ないなと思いまして。
    何かご存知ですか??

    >香里ちゃんガッツリ
    二度見しました。
    狂喜乱舞しました。
    私の許可なんてあってないようなものです。なぜなら答えはYes! しかないですから!!
    その場合、当然弟さんのイメージで描かれるわけですよね? 私のイメージ……うん、万人共通のはず。うん、大丈夫。少なくとも旭様とは正反対のはず。
    だってユメ、可愛いって言ってくれたもん(๑˃̵ᴗ˂̵)


    KAC4作品へは、また後ほど寄らせて下さいね(^-^)v

  • 仲咲香里さん

    おや、あっちの方が好みでしたか。それは残念、選択を誤ったかも?
    だったらそうですねえ、ユメの小学校時代の話でも書きましょうか?学校で熱を出して、保健室で休んでいたユメの元を訪。香里ちゃんが。


    ……………………………………………………………………………………………


    「ユメくん。熱、大丈夫」
    「うん、少し頭がボーっとしてるだけ……わっ」

    ベッドから起き上がろうとして体勢を崩し、香里ちゃんにもたれ掛かってしまうユメ。

    「ユ、ユメくん。本当に平気?」
    「ちょっとふらついただけ。それより香里ちゃんは?けがはない?」
    「う、うん。怪我は無いんだけど……」
    「あ、ごめん。いつまでもこうしてたら、邪魔だよね」

    足元をふらつかせながら離れるユメと、ドキドキした様子の香里ちゃん。

    「そうだ、給食のプリン、持ってきたんだ。ユメくん、給食の時も眠ってたから、お腹すいたでしょ?」
    「え、プリン?ありがとう」

    熱で浮かされていて、テンションが上がり気味のユメは、満面の笑みを浮かべてくる。

    「〃〃〃!は、はいこれ。スプーンもちゃんと、持ってきたから。って、ユメくん!手、凄く冷たいよ⁉」
    「ゴメン、ビックリさせちゃった?俺、手が冷えやすいから」
    「そうなんだ。でもそんな手で、スプーン持てる?」
    「分からない。これじゃあプリン、食べられない?」

    この頃まだ小学生のユメ。大好きなプリンが食べられなくて、ションボリです。だけどここで、香里ちゃんがある決心をします。

    「じゃ、じゃあ私が食べさせてあげる。あ、あーん」
    「あーん」

    スプーンを直接口に運んでもらい、幸せそうな夢。

    「うーん。甘くてとっても美味しいや。ありがとう、香里ちゃん」
    (‼‼‼‼‼‼‼ユメくん、その笑顔は反則ー!)

    ……………………………………………………………………………………………

    こんなのでどうでしょうか?

  • 弟さん

    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    しばらくお待ちください。

    お、弟さん、朝からこの破壊力抜群の妄想劇場は何ですか!!
    私がこのまま熱出してフラつきそうです。最後の心の叫び。たぶん、私も同じこと思ってます(笑)
    ユメ可愛い過ぎるー! このままずっと看板してあげたーい! で、風邪移って今度はユメに看病して欲しいー!! あーんってやって欲しいー!!! 高校生バージョンで是非!(笑)

    ★★★Excellent!! いやいや、
    ★★★★★Perfect!!!!! 位でしょうか!
    どうしよう。このままずぅっと眺めていたいです♡ 近況ノートにこれだけ貼り付けて公開してみようかしら……うふふふふふ。


    この内容、さっき最新のノートに置くとこでした。こっちが正解ですね!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン