こんばんは。
本日もお読みいただきありがとうございます。

さて、とうとう? やっと? 結末を迎えます。昨日はエピローグに対して肯定的な意見をいただけて良かったです。こういうのって間違うと蛇足になるよなぁと思っていたので。
でも自分の物語ですから、思うようにやってみようと思った次第です。バランス感覚ってやつですよね、要は。

ストーリーは前もって決まっていたのであまり困ることはなかったです。細部以外は。
なのであの紆余曲折の多さも皆さんに耐えていただくしか……^^;
賛否両論だと思いますが、ちょっとした一大叙事詩みたいなものも今後書く予定がないので、たまには良かったんじゃないかと思っています。終わってしまえばね、すべて良しですよ(笑)。

ある意味、わたしが書いたので当たり前なんですけど、わたしはこの話は面白いと思ってるので評価されなかったからといって嫌いにはならないんじゃないかな?
むしろ、わかってくれるところを探すと思います。問題があるとしたら、これは青春小説かと言われたら違うよなぁ(笑)。
いまね、青春小説の需要が多いみたいなので。
これを書き始めた頃は気が付かなかったんですが。

次はなんとしても青春小説を書きたいと思っています。
どんな形であれ、青春小説を……。囚われてる?
いやいや、元々好きなのでそう言ってるわけなんですが。
わたしとしては『青い鳥』も青春小説だと思いますがねぇ。定義というのは難しいですね。
LINEノベルの青春小説大賞は『純愛』らしいので。要するにキスまでですよね(笑)。なんだか生々しい。

ふらっとまた思いつくまで、去年は無理に描き続けたんですけど、今年は少しぼんやりしてみようかなと。
わかったのは、コンテストというのはたくさん受ければいいわけじゃなくて、自分が受かりたいと思うところに応募すべきだということです。
例えば、書籍化されたらどの棚に並びたいのか? どのレーベル、出版社から出したいのか。どの作家さんと同じ棚になりたいのか。
そういう観点でこれからもコンテストを選びたいなと思います。

今はちょっと、コンテストに出せる作品がないなぁ。まぁ、『24時間の焦燥』とカクヨムコン参加作品はまだコンテスト中ですからねぇ。
それから出したいなと思ったコンテストは大体、未発表作の募集なので出せないし。
出すとしたら『17日後』をこそっとどこかに出すくらいですかね。
のんびりやりたいと思っています。

55日間という長い期間、作品を読んでいただきありがとうございます。作品も喜んでいることと思います。ありがとうございました。
まだコンテストが終わったわけじゃないんですけど、今年も走りきって良かったなぁと。
皆さんの応援のお陰です。
ありがとうございます。
本当に皆さんのお陰です! どうかこれからも見捨てずによろしくお願いします。

今夜も22時に変わらず公開です。

では、完結チェック付けてきます!(忘れてた^^;)

4件のコメント

  • 完結したところで言いにくいのですが、シャンパンはワインオープナーを使いませんよ……
    (^_^;)

    まぁ何はともあれ、お疲れさまです。長いようで短い一月ちょっと、寝る前の楽しみでした。
    明日からお知らせが来ないのが、寂しいな。
    今はゆっくり休んで、またまたの新作を待ってます。(^ω^)

  • いやだなぁ、控えめじゃなくはっきり言ってくださいよ~。こういうの、思い込みですね!^^;
    ポーンってやつですよね、わたし、シャンパンは好きだけどあれが苦手……。大きい音が苦手。

    読了ありがとうございます~。
    いろいろ皆さんにご迷惑おかけしましたが、この作品で少しはまた成長したかしら、と思っています。例えば酷評に対する耐性とか(笑)。笑えなーい!

  • 完結お疲れ様でした。考えてみたら、コンテストってたとえ結果に結びつかなかったとしても自分の成長に繋がりますよね。コンテストに挑戦し続ける度にクオリティが上がっていく。楽しみながら、苦しみながら、一歩ずつ前へ。ああ、コンテストっていいなって思いました。同じコンテストに参加しているから共感するような事もあるのでしょうし。

    コンテストは参加してみないと分からない事も多いのでしょうね。私、今回も参加してませんから。次回は参加――は断言出来ませんけど、するかも知れません。分かりませんけど。

    青春と言えば私の中では部活モノですね。ただし、部活はキャラが多くなりがちなので小説では難しそう。少数精鋭な部活を選ぶと言う手もありますが。
    恋愛も青春の一部ですけど、若い内に体験するもの全てが青春なのでしょうね……(遠い目)。

  • こんばんは。
    部活、あんまりいい思い出がなかったり、変わった部に入ったりしてたので小説にしにくいかなぁ。楽しかったこともないわけではないんですけどね。まぁ高校と大学は山ばかり歩いてましたね……。虫取り網持ったり、双眼鏡下げたりして(笑)。

    コンテスト参加、というかカクヨムコンは特別なので^^; 読者選考があるでしょう? 気を遣うし、気を揉みますよ、何かと。他の人の出方も気になるし。
    そんな中でどれくらいストイックに作品を仕上げていくのか、というのが根性の見せどころ。メンタルに気をつけて、作品世界を壊さないように。
    わたしは豆腐なので本当に自己管理がものを言いますよー。今回もね、荒れに荒れましたし。良かったんだか悪かったんだか。
    でも、こうして完結させたわけですから今日くらいは自分にやさしくしないと。と、いうわけで……普段と変わらず過ごしております。

    でも去年のカクヨムコンよりはいいものを書きたいな、という気持ちは強くて。なにしろ去年の今頃まではまったくの無名だったもので。
    そのターニングポイントになった作品だけ有名でも意味ないだろ、とは常々思っています。
    自分の中では今回は及第点。話数が多かったとはいえ、2万近くPVあるので。読んでもらえた、という実感はあります。

    普通のコンテストは、作品を出したらもう見守ることしかできないので(放置とも言いますが)、そこが全然違いますね。落ちても「落ちちゃったかー」という感じだし。
    と言ってもコンテスト、まだまだビギナーなんですけどね。

    たまにはコンテストに出すのもいいかと思いますよ。わたしも今年は3本くらい出せたら上々かと(長編)。『青い鳥』も落ちた時点で他に出せる賞を探すつもりです。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン