この作品を書いてて思うことが一つあって、主人公の一人である輪廻さんをなんてゆーか「ヒロイン!」って感じで書けてないなーっと・・・。
ヒロインを書くのが苦手だと最近気が付きましたはい。
どうすればヒロイン感がでるのだろうかと考えたところ、幼女のままにしとけばいいのではないかという結果にたどり着きですね、ちょっと描写をかえて幼女だったことにしようかと若干本気で考えております・・・。
まぁなんとゆーか会話だったり世界観を優先したんですねぇきっと。
あと、最初この物語をこーゆーことろに載せるときに全員の性別、とまではいかないですけど、夜見さんと輪廻さんの性別を逆転させよーかと思ってました。
つまり【銀魔邪炎】は女で輪廻ですね。それはそれで面白そうだなぁと思ってましたけど、最初の考えにしました。
この物語はすっごい長くなる予定ですけど、いつか性別逆転バージョンも書いてみたいですね。もし仮に本当にそうなったら一番やべーなコレって思うのが、青龍さん。作中では青龍さんが事あるごとに輪廻さんにセクハラしよーとしてますが、それが性別逆転したらセクハラする相手が夜見さんになるんですよ。つまり青龍さんボーイズラ・・・。
それはそれで面白そうですけど、青龍さんから苦情のお手紙が届きそうですねぇ。
それでは今後とも六道転生をよろしくお願いします。