フォロー

チョイトわけあり常夜ノ荒事、本日閉幕に御座います。

残念ながらコンテスト締切までには完結させられませんでしたが、本日、無事連載を終了することができました。
原稿ファイルは2015年8月に作成しているようですが、タイトルだけ書いて放置していました。本腰を入れて書き始めたのは今年の1月29日、脱稿したのは4月17日。23万字を書くのに約80日もかかってしまいました。「長くなりそうだけど2ヶ月くらいで書けるだろ」と思っていたのですが甘かったです。
また、普段は原稿を完成させてからwebで連載を始めるというのがわたしのポリシーでしたが、今回はコンテスト参加のため、執筆しながらの連載というのを本当に数年ぶりにやりました。
わたしは、話が書き上がっていないうちにひとに読ませると、その話がエタるというジンクスがあるようなのです。だから正直、ちゃんと完結させられるのかどうかかなり心配でした。
でもこうして、無事完結させられました。
ひとつのお話に20万字以上かけたのも久しぶりでした。
カクヨムという新しいサイトで、久しぶりの試みの数々を経験しながらの執筆は、たいへん刺激的なものでした。
話の内容は、まあ、いつもの諸口節かなとは思っています。
気に入っていただけたり楽しんでいただけたりしたら何よりです。

それでは、できれば、またいつか。

4件のコメント

  • 拝読しました。
    なんかもう、一気に読んでしまいました!!

    飴屋が暁に渡した飴のように、最後は「希望」が見えた最終章で
    安心しました(笑)

    飴屋と天照の話も気になります、いつか読めたら嬉しいです。
    ありがとうございました。

  • 完結おめでとうございます。
    お疲れ様でした。

    …っ帽子屋キタコレ!!
    テンションあがりました!

    ツィートも読んで、身長がのびてて笑いました。
    。。。おかえりなさい。

  • >@suzuneko様

    ありがとうございます。希望味の飴を食べるタイミングには悩みましたが、結局最後になりました。暁ったらもらったものすぐ食べそうだし。
    飴屋は長いこと平和で幸せな時間を天照と過ごしたという漠然とした設定だけはありまして、そのために人形屋をなかなかうまく慰められなかったということにしています。


    >かぼる~にゃ様

    ありがとうございます。いつも書く話よりだいぶ長くなったせいか、確かに疲れました(笑)。
    『彼』に対する「おかえりなさい」は、実は作者として想定外の感想で、Twitterで何人もの方にそう言われて不覚にもじーんとしました。
    身長は、今となってはデカくしすぎたかなと思っています(笑)。

  • ホラー嫌いの私でも話の中に引き込まれるほど魅力的な物語でした。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン