おはようございます、貴堂水樹です。

本日をもちまして『Liar 2』完結でございます。
お付き合いいただきました読者の皆様、本当にありがとうございました。いかがでしたでしょうか。

本作は最初からやりたいことが決まっていて、テーマは『百瀬が高校に毎日きちんと出てくるきっかけとなる話』でした。そうしておかないと、もう一つ書きたいエピソード・学校が舞台の事件編が書けないので。
こう言ってしまうと「なんだよ、ただの踏み台か」と思われてしまいかねないのですが、そういうわけでもありません。この『Liar 2』には、私にとっての〝はじめて〟がたくさん詰まっていたのです。

まず、安楽椅子探偵ものを書くのがはじめてでした。
探偵が自分の目で現場を見られない分、伏線の張り方であったり、小間使いにされる人間(=祥太朗)の視点や動きの描き方であったり、とにかく気を遣う部分が多かった。おかげで前半部分がもったりしてしまい、序盤をうまく走りきれなかったなぁと反省しています。

それから、アリバイトリック。こちらも初挑戦でした。
実はこの話を書くきっかけになったのは、弟と漫画『金田一少年の事件簿』に出てくる『蝋人形城殺人事件』の話をしたことでした。めちゃくちゃ好きなんですよ、あのエピソード。Mr.REDRUMね。ドラマ版がリアルすぎてクソ怖かった小学生時代の思い出。『タロット山荘殺人事件』とかもクソ怖かったな。でも堂本剛くんのはじめちゃんがいちばんすき。
……と、こう書いてしまうとネタバレになってしまうような気もしますが、あっちは見立て殺人がメインの話なのでまぁいいか。ね。めちゃくちゃ面白いので未読の方はぜひ読んでみてください。ラストは感動します。はじめちゃんがかっこいいの。

あとは『Liar』の時点でメインヒロイン(=美姫)が死んでいるので、絵面も考えた上で主要キャストに女の子がほしいなあと思い、鶴見杏菜というキャラクターを登場させました。彼女にはまだまだ活躍してもらう予定です。

こいつはどうでもいい上にネタバレを含む話ですが、作中でシャーロック・ホームズのセリフを引用したのは、フジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』の放送開始にちなんだものです。『名探偵コナン』でもコナン(新一)が蘭を探偵役に据えた事件で、蘭を説得するために引用していましたね。あれだよ、ロングヘアのカツラで首絞めるやつ(タイトル忘れた)。

それにしても、月9『シャーロック』は最高ですね。
最初はおディーン様がやりたい放題やらかしてただただ無駄にかっこいいだけのドラマかと思っていましたが、第1話、ラストに向けて物語が一気に加速する演出がもう至高。萌えの極み。はぁ。
あと、松本まりかさんの芝居が最高に痺れました。さすがは堂本光一のお気に入り。芝居の質が違いました。「死んで」の言い方よ。改めて惚れたぜまりか嬢。

話が逸れまくっていますが、ほとんど思いつきで書き始めた『Liar 2』、最後までめちゃくちゃ楽しく書けました。
公募作品では削ぎ落とさねばならないようなキャラクター同士の掛け合いなど、やりたかったことはすべて入れました。いやぁ、楽しい。やっぱり自分の好き勝手に書けるってのは本当に最高ですね。
実は執筆中にふと番外編を思いついて(!)そちらのほうが先に仕上がっていたりもしたんですが(!!)、また追って公開したいと思います。いやぁ、楽しい。

さらにぶっちゃけると、こちらも完全な思いつきで、気晴らしがてら同時進行で某サイトにてBL作品(!)を別名義で(!!)執筆していたんですが、そちらもかなり楽しかったです。
しかし、BL作品ってのはすごいですね。評価入らなくても1日4桁アクセスとか余裕でいっちゃうんだもん。需要あるんだなぁ。もう書くことはないと思うけど。

さて、この約一ヶ月間、本当にやりたい放題やってきました。やっぱり私は書くことが好きで、しばらくはやめられそうにないなぁと再確認できました。
ここからはしばらく公募作品に専念します。『Liar 3』はまた来年の今頃になって書くことになるかなぁ。楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。あと一つ二つ話を書いたら終わりにします。

取り急ぎ、10/31〆切の某公募用の作品を仕上げないといけないのですが、まだ一文字も書いてないんですよね。やべえ。
何がいけないって、バレーボールとラグビーですよ。ダメだって、面白すぎるもん試合。しかも勝つじゃん。見たいじゃん。見ちゃうじゃん。手ぇ止まるじゃん。

そうそう、いつかちらっと話をしたかと思うんですが、バレーボールを題材にした作品、マジで一つ書くと思います。女子バレーじゃなくて男子バレーになりそうですが、ただいま鋭意プロット作成中です。
いつかどこかで公開した暁には、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。初のスポーツ小説です。

それでは、長くなりましたがこのあたりで。
いつも拙作を応援してくださる皆様に、多大なる感謝を。

4件のコメント

  • おはようございます~。

    Liar完結おめでとうございます&お疲れさまでした。いつの間にか完結していて焦ってますよ。早急に読まねば……(汗)

    Liar3も楽しみですが、スポーツものもまたワクワク。男子バレーできたらきっとあれだ。タイヤ引き摺って走り込んで泥塗れになって途中仲間との間に亀裂が入りながも最後は結託して乗り越えて川辺で夕陽を眺めて大会に挑む熱血ものだ!(古い!)

    公開お待ちしております~\(^-^)/

  • 桐華江漢さま

    おはようございますー!
    そしてありがとうございます!だらだら書いていたつもりだったんですが、解決編に入ったら楽しくなっちゃって一気に書き上げてしまいました。
    お時間ある時にでもお付き合いいただけたら嬉しいです(*^^*)

    スポ根〜〜〜!!(笑)
    熱い感じにはしたいと思っているんですが、なにせ未体験ゾーンなのでうまくいくかどうか…
    ぜひ楽しみにしていてください!がんばりますよー!

    ではでは、私はセイタン部を読みにいって参ります!

  • 「Liar2」楽しく読ませていただきました。いやー百瀬くんかっこよかったです!でも私は中井くんを推します笑。

    貴堂さんはやっぱり執筆速度がすごいですね。この作品を書きながらも別名義(!!)で書いていたりとか。ほんとに尊敬します。

    「Liar」の続編も楽しみですが、スポーツ物!読みたいですねぇ、ぜひお願いします。
    公募作品の執筆も応援しています!

  • >>古川 奏さま

    いつも応援ありがとうございます。
    百瀬、かっこよく描けていましたか?私も中井推しな古川さんを推します(?)

    自分では決して筆の速いほうだとは思っていないのですが、一度書き始めてしまうと自分の腹の中に書きかけの状態で残しておきたくなくて、さっさと放出してしまいたいがために書いている、という感じです。
    別名義のやつも、思いついちゃったらつい書きたくなってしまって、気づいたら二作同時に書いてました。ただのバカですね。

    古川さんはスポーツの物語がお好きなんですか?
    書いたことがないので手探り状態でのスタートになりますが、気長にお待ちいただけたら嬉しいです!がんばります!
    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン