所用で久し振りにログインしてみたら、レビューやコメントが残っていてちょっと驚きました。
直接お返事はできませんが、どうもありがとうございました。


今でもたまに『作品を読んでもらうためにあなたができること』に反応があるようですが、ちょっと過激に書きすぎたかなと少し反省しています。

あの作品は「作品を公開したらレビューした方が読んでもらいやすいよ!」という主旨ですが、必ずしも「作品を読んでもらうためにはレビューをしないといけない」わけではありません。やり方は人それぞれです。

そもそも、「~しないといけない」と考えると楽しめません。
せっかくの機会なので、書くのも読むのも楽しくマイペースでいきたいですね。


それでは、またいつかどこかでお会いしましょう(ぺこり)。