テーマが決まったので(決まっていませんが)次はストーリーを組み立てようと思っています。
ストーリーがないと話が進みません。
「キャラクターを作れば勝手に動いてドラマを始めてくれる」という素敵な話も聞きますが、どうやら私が作ったキャラクターは作者に似てぐうたらなので、やっぱりきちんとお話を作る必要があるようです。

創作の方法についてネットであれこれ調べてみると、「5W1Hを意識しよう」という話をよく見かけます。
5W1Hとは、When(いつ?)、Where(どこで?)、Who(誰が?)、What(何を?)、Why(なぜ?)、How(どうした?)を示す言葉です。
確かに、これが全て揃っていれば、ストーリーになります。

主人公がどこの誰で何をしようとしているのか、登場人物もどこの誰で何をしようとしているのか。
そして物語全体でもどこで何をしようとしているのか。
小説は全てこの組み立てで成り立っています。

5W1Hの順番は変わっても良いです。
推理小説ではこの要素を集めて、最終的にWho(誰が犯人?)へと辿り着くように作るそうです。
5W1Hは小説を書く場合も、読む場合も、理解が早まります。

と、いうことですが、残念ながら、私の残念な頭ではよく分かりませんでした。
言っていることは分かりますけど、それで物語を組み立てろと言われても、どうすりゃいいのか、手が止まってしまいました。

だから私は、勝手に「四コマ漫画」で組み立てるようにしています。
四コマ漫画と言えば「起承転結」ですが、それも難しいので私はやっぱり四コマ漫画です。
小説を四コマで説明するようにストーリーを考えています。

(1コマ目)とある少女が歩いていると、幽霊が現れて驚きました。

(2コマ目)でも幽霊は敵ではなく、自分を殺した犯人を見つけて欲しいと訴えられます。

(3コマ目)調べていくと、なんと自分の親が犯人だと分かり、少女は悲嘆のうちに親を殺してしまいます。

(4コマ目)しかし、実は幽霊のほうが殺人鬼で、親は娘を守るために殺していたことが分かりました。

なんてことでしょう。
あっと言う間に、怖いホラー小説が完成しました。

(1コマ目)とある勇者が王様から、魔王にさらわれたお姫様を救い出して欲しいと頼まれます。

(2コマ目)たくさんの強敵と戦ってレベルアップした勇者が、ついに魔王城へと辿り着きます。

(3コマ目)ところが魔王とお姫様は仲良しになっていて、魔物たちから王様からの虐待を訴えられます。

(4コマ目)真に平和を阻んでいるのは王様だと分かったので、勇者は王様を倒して人も魔物もみんな仲良くなりました。

なんと二作品も書いてしまいました。
どうやら私は天才作家だったようです。

でもそれだと4行で物語が終わってしまうので、そこからさらに四コマ漫画を追求していきます。
漫画なので背景が必要です。少女や勇者の描写も必要です。
いつ? どこで? どんな少女が? 何の目的で歩いていたのだろう?
気づけば、そこで5W1Hが登場していました。
しかも私は絵が描けないので、それを全部文章で説明しなければなりません。
そうやって書いていくと、いつの間にか本当の小説ができました。

どうでしょうか?
どうなんでしょうか?
うまく説明できたか分かりませんが、私はこんな風に小説のストーリーを組み立てています。
次の作品もそうやって作っていきたいと思います。

そして今、後悔しているのは、せっかく思いついたホラー小説のネタを先にバラしてしまったので、もう使えなくなってしまったことです。
なんてことでしょう。

10件のコメント

  • こんばんは。また三浦晴海さんの作品が読めると思うとワクワクです\(^o^)/

  • 173号機さん
    ありがとうございます!
    こんな体たらくですが……頑張ります。

  • この近況ノートがかなり面白いのですが。
    そのままエッセイでもいいくらいではないでしょうか?
    作品とこちらのギャップがたまりませんね。

  • とはさん
    ありがとうございます。
    真面目に考えているつもりですが、書けば書くほどおかしな方向へ……
    作品を書かずに近況エッセイ作家になりそうです。

  • 今の私、構想だけありまくって何も組み立てられず、脳が爆発しているので、勉強になりました!人様の近況ノートで勉強したの初めてです。笑
    いつか出される新作、楽しみにしております☺︎

  • 水無月やぎ さん

    構想はあるのに組み立てられないお気持ち、とてもよく分かります。
    私もそれでこんな雑文を書いて頭をまとめています。
    あくまで我流ですが何かのヒントになれば嬉しいです。
    水無月さんの有り余る構想が新作になるのを期待しています。

  • わー!近況ノートの時点で面白そう。
    基本的に思いつきで話が動かないことすらある私の書き方とはえらい違いです。
    新作を楽しみにしております。

  • 母猫さん

    思いつきで書けるのって凄いです。
    才能です。
    私は前もって筋道を作っておかないと不安で……
    でもあまり書き込むと執筆前に満足してしまうことも……
    難しいですね。
    新作も頑張ります。

  • こんなストーリーの組み方もあるんですね!
    プロット作り、私はフローチャートみたいにしているんですが、作品にフローチャートっぽさを読み手に感じさせないようにというのが中々難しくです(*'ω'*)

  • 安室 作さん

    フローチャート、行動の選択肢を作る感じでしょうか。
    凄い!理系というか、賢い感じがします。
    ミステリーの作り方に向いているような気がしました。
    構成を整理するにはそのほうが分かりやすいかも。
    参考になります。ありがとうございます!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン