• 歴史・時代・伝奇

更新再開しました。

たいへんお待たせいたしました。
ほんとうに、待っていてくださった方、すみませんでした…

しかも、陳到が盗人の少年を追っているところ、というずいぶん半端なところで終わっていた…
孔明は? 趙雲は?
すみません、もうちょっと先の出番となります。
もう少々お待ちくださいませ。

でもって、一か月のお休みのあいだ、フォローをしてくださったり、♡をつけてくださったりしたみなさま、ありがとうございました!
多謝です!!

さて。

「奇想三国志」は、かつて個人サイトで発表した作品をもとにリライトしたものをお届けしております。
ところが、この元のシリーズ、文章が非常に読みづらいものでした。
PCが使えなくなる前までは、「めちゃくちゃだった文章を直す」ことのみに気をとられて、全体を見通す視点が抜けていたようでして…

いまになって、
「ああすりゃよかった」
「こうすればいい」
というアイデアが浮かんできています。

いまは「臥龍的陣」の完成と、続編のプロットづくりに集中していますが、余裕ができたら、「奇想三国志 序」のほうから「臥龍的陣 夢の章」に直しを入れていく予定です。
(とくに夢の章については、明確な誤りがありますので、直さないと。それにイマイチつかみが悪いし…)

手を付けだしたら早いと思いますので、作品を動かせるようになったら、またご連絡させていただきますね。

それと、三国志以外の作品を作ろうとしていました。
あれからどうなったかというと。
いやあ、二兎追う者は一兎をも得ず。
アイデアこそいろいろ浮かぶのですが、断片的なそれをひとつにまとめて作品にするのはむずかしいものですね…

それに、どうも自分は頭の切り替えが上手ではないようで、三国志作品のことを集中した後、時間を置いたとしても、ほかのジャンルの作品を作ることがうまくできません。
慣れればそれもなくなるかなあと思いましたが、無理に並走させようとすると、三国志作品の制作がおろそかになりかねないのに気づき、いったんほかのジャンルの作品の制作は止めております;

いや、というか、三国志関連作品を早く終わらせりゃいいじゃない、と思われる方もいるでしょう。
ゴールが遠いんですよね…三国志作品の自分のゴール。
あらためて、いろんな作品を並走できるみなさん、すごいなーと思っています。

これだ! というジャンルとテーマが見つかったら、動き出せるかもしれないけれど…
とりあえず、いまは三国志作品を進めることに集中します。

それでは、あらためて今日からよろしくお願いいたします。
創作がんばります!

牧知花

コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する