こんばんは。前田薫です。

久々に短編歴史小説を書いてみました。
今回は伊達家の忠臣、鬼庭左月斎のお話です。また伊達家かよ、と思った人もいるかもしれませんが、私は満足するまで伊達家の話を書き続けるつもりです。おそらく、満足するのはまだまだ先かな?

短編なのであっさり読めると思います。ちょっとした隙間時間にどうぞ!