オムニバス形式のクリスマス・イヴに纏わるストーリー『クリスマス・イヴは血の匂い』が完結しました。

クリスマス・イヴは血の匂い
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332615

さて平成最後のクリスマスまで残り僅かとなりました。
くれぐれもこの作品のような悲劇が起こらぬようお楽しみください。

(*- -)(*_ _)ペコリ

2件のコメント

  • こんにちは☆

    このたびは拙作『虜囚達と夜のユリシス』をお読み頂き、また素敵なレビューとお★まで頂き、ありがとうございます!

    私の書く文体は堅苦しい上に、刑務所をテーマにしているので、万人受けしない中で、このように多くの方々にお読み頂けるのは、ひとえにこのような素敵なレビューに支えられているからだと思っています!

    ミステリー、ヒューマンドラマと同時に、お仕事小説にも挑戦したいと思い、興味はあるが小説の題材になりにくいであろう、刑務官という職業を調べ、本作の執筆に当たった次第です。
    拙作で、すこしでもご興味を持って頂けたら、と思っています!


    梔子さまの作品も、カクヨムの中では異彩を放ち続ける素晴らしいものだと思っています★
    今後ともどうかよろしくお願いいたします。

  • 銀鏡 怜尚様

    いえいえ、こちらこそ楽しい読書のひとときをありがとうございました。

    刑務所の話、刑務官の話、一般の人からすればあまり身近にない題材ですので、そういう点に注目された銀鏡様の着眼点は非常に評価されるものだと思っています。

    私もあまりレビューを書くのは得意ではありませんし、他の方々が素晴らしいレビューを書かれている中に稚拙なレビューを投下するのは心苦しかったのですが、作品の良さを少しでも伝えられたらと思った次第です。

    これからも良い作品を書いていって下さいね。
    期待しています。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン