ここ最近の酷使に不満が爆発したのか、ついにぼくのパソコンが帰ってきてくれなくなりました。

最初は拗ねているだけなのかと思いましたが、今回ばかりは愛想をつかされたみたいです。

もっと労りの気持ちを持たなくてはならなかったのでしょう。
とは言ってもあとの祭りです。

再婚を検討しているのですが、すぐに買い換えてしまうのも、昔のパソコンに対し不誠実かもしれないと頭を悩ませています。「あなたにとってわたしはその程度だったのね、別れて正解だったわ」などと思われたくないのです。

したがってしばらくは哀しみと切なさと同居し、ほとぼりが冷めた頃にひっそりと婚活しようかなと考える次第です。