明日十二時間耐久執筆だとかいう、自分でも何でこんなことを考えたのか、いまとなっては判然としない企画があるのだが、なんとも恐ろしくて今夜は眠れなさそう。

 一時間に一作短編を書くという企画。
 そもそも書く時間が限られているというのに、そればかりかネタを思いつく時間も限られている。
 それを十二時間ぶっ続け!

 ええ……。