誰に望まれるのでもなく、誰かのためでもなく、理由など何一つなく、ただぼんやりと、物語を書いていきたいと思います。
 なんだか懐かしい(笑)

1件のコメント

  • こんばんは。

    なんちゃって歴史主従もの「生まれ変わっても、君と……」を書いた茉莉花です。
    自作に素敵なレビューをお寄せいただき、ありがとうございました。

    正直に言って、正妻と側室の関係、その設定はそこまで深く考えていなかったんです。
    サイドストーリーを読んで、はっと目が覚める思いでした。
    正妻の愛情が切ない……!

    あの……ほぼ初対面で大変図々しいお願いなのですが、あややさんが書いてくださったストーリー、この話の正式な設定として、いつかどこかで書いても大丈夫でしょうか?
    もちろん文章を丸ごと真似するということはしないです。
    いつまでに必ず書きますと断言はできないのですが、とても素敵な設定だったのでこの話でぜひ生かしたいのです。

    お返事はいつでも大丈夫です。
    ご検討をお願いいたします。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン