• 現代ドラマ
  • エッセイ・ノンフィクション

「探偵に俺はなるっ」について

「ZEAL -五分の魂-」の反省を活かし、外部からの影響がなるべく入らないよう、一気に創作しました。

今回は「5分で解決探偵、あらわる(ミステリー)」のテーマで書くことにしました。
五分で解決はダイジェストになってしまうと考え、五分で読める短い話を目指すことを初めに決めました。
つぎに、探偵といえば推理。
あるキーワードを聞いて、そこから推理して謎を解く話なら短編でも楽しめるのではと考え、水平思考ゲームにたどり着きました。
読者が、小学校高学年から中学生なので、中学生を主人公に決めました。
そんな子達がわかる題材を取り入れつつ、ただの水平思考ではなく、微妙なズレを作って楽しんでもらえたらという発想で、本作のようなものになりました。

水平思考が三つなのは、お約束みたいなものです。
1つ目は簡単で、2つ目もそれなり、3つ目は今までの2つとちょっと違うものにする。これもまた、お約束です。
こういう組み立て方はよく見かけると思います。

週二は弁当持参、というのはどこぞの中学の実話なので、使わせていただきました。

夏の湿度の高い時期、チャーハン弁当は危険ですね。
保冷剤なしに暑い室内に長時間放置したものを食べると、お腹を壊す危険がありますので、暑い季節はとくに注意が必要です。




コメント

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する