フォロー

アオヤマ様
 無料で読めちゃっていいんです。「プロ作家が書いてると言われても驚かない」とは恐れ多いお言葉ですわー。本当にありがとうございます。そして風間さん人気高い! 

篠騎シオン様
 謎解き物語として、あるいは爽快な読後感の群像劇として、両面から褒めていただきありがとうございます。読者を引き込む工夫はことらも頑張った点ですので、褒めていただき嬉しいです。

星月夜様
 騙されましたかー、ミステリー書きとして嬉しいです。

黒蛹様
 5分トイレ休憩するだけで話分からなくなる映画みたいと評されたことあります。

シンクロック様
 続きが気になる謎を提供できたようでしたらうれしいです。これからも技術を磨きながら書いていこうと思います。

りこ@読み専様
 アニメ化良いですね。この手の話でもけっこう映像化の前例は多いのですよ。まあ遠い夢ですが。以前読者の方が「『雅也=うさぎ強盗』の図式が6話の時点で分かってしまい、そもそも5話で『死体=雅也』と騙す意図があったことが読めなかった」と仰っていました。非常に頭のいい人にはかえって「騙されたかわからない」という現象が起きるようなので、謙遜するような言い方は必要ないのです。

えのころ通信様
 「人間関係の構造そのものが謎」というのは実に的確な表現だと思いました。「うさぎ強盗と樹里しかいない部屋で、何故雅也(実際は鴉)は殺されたのか?」「現代において鈴蘭(樹里)の恋人である黒崎雅也は、何処で登場するのか?」「樹里は何故雅也の兄さんの死体(実際は鴉)に手厳しいのか」その他もろもろ、色んな人間関係の謎を仕込んでいたので、言及していただきうれしいです。

伊藤愛夏様
 世界観を気に入ってくださりありがとうございます。そしてもう少し分かりやすいよう精進します。
 せっかく彼らの世界を気に入ってくださった読者様がおられるのに、なかなか続編のアイディアが浮かばず心ぐるしいところです。浮かびしだいまたうさぎ強盗を書きますので、その際はぜひお付き合いください。