秋山先生生きてたのか。しかも新作ではないにしろコメント付きとな。とかいう私も最近カクヨムに出してはいないけれど私のようなZ級小物はまあどうでもいい。

猫の地球儀の終盤の鬱さと終盤の文章のすごさに脳汁出たのがなつかしいなあ。あんな文章書けたらフッと消えても誰かの頭の片隅にはずっと残るんだろうなって思う。