はぁ……あっという間に三月になって、卒業式シーズンですねえ。
高校生男子たちよ、ちゃんと卒業できましたか?(意味深)

国公立の前期試験で彼女だけが合格しちゃって、後期に淡い期待を抱いて頑張っているそこの男子! 大丈夫、予備校はいい物ですよ! 彼女は華々しいキャンパスライフでお前より素敵な彼氏を見つけてよろしくするだろうから、なにも心配することはないんです! いちゃこらして学生の本分を疎かにしていた分、気合入れて勉学に勤しめや! ガハハハハ!(最高級のゲス顔)

本当に、受験っていうのは残酷なシステムですねぇ……。
地元の数少ない高校生たちも関東に渡ってウェイウェイの毒牙にかかり、そのままパーティーなピープルになってしまうのかと思うと、ちょっと寂しい気持ちになっちゃいます。

でもまあ、田舎の外に出る機会があるなら、個人的にはとっとと出ちゃえばいいと思います。外の世界を知るのはいいことです。

田舎社会って、閉鎖的で一部の老害たちが幅を利かせているアホくさい環境なんですが、子供たちは本当にいい子が多いんです。高校生ですら、朝すれ違うと「おはようございます」って挨拶してくれるのです。スカート短めの女子高生でも挨拶してくれるんです。ときめいちゃいますよ(キュンキュン)。

そんな子供たちに、このまま田舎のくたびれた環境でくすぶってほしくなどありません。もっと都会で色んなものに触れて、触れられて、びくんびくんと新しい刺激に出会ってほしいと思います。

その後もし故郷の田舎が恋しくなってきたら、ひっそりとバツイチになって戻ってくればいいんですから(決めつけ)。
一緒にもちをつきながら、祭りで熱い殴り合いをしましょう!

田舎のバツイチ女性の多さ、ほんとなんなのでしょう。
都会で孤独を囲っている独身チェリー男性たちよ! 離婚歴あるけど結構可愛い女性も多いから、田舎、ワンチャンあるで~?(こぶ付きの確率も高いけどね!)

地方の過疎化がうんぬん、高齢化がうんぬんなどと政治家やら老害やらが喚いておりますが、田舎から人がいなくなるのは当然の原理です。
人間は自分がメリットを感じられる環境なら、そう簡単に離れたりはしません。
メリットよりデメリットをでかく感じる環境だからこそ、離れたくなるんです。
クソ田舎から人が逃げていくのは、自然の摂理なのです。

もう無駄な抵抗は止めて緩やかに滅びへと向かい、将来的には廃墟の山と化した廃村で、サルやイノシシと戯れて暮らしましょう。森へお帰り~♪(ナウシカ的発想)

あ、でも、決して村おこしを頑張っている人たちを馬鹿にしているつもりはありません。あくまで個人的な見解です。観光客が来てくれるのは非常にいいことですもの。うちの店にも金が落ちてくるしな!(守銭奴の目)

「都会の喧騒に疲れて~」とか言って田舎に夢を見ている人も一定割合でいるようですが、都会の喧騒に耐えられなかった人は、高確率で田舎の鎖国社会にも耐えられません。ぜひとも、そのまま自室のお部屋に閉じこもることをお薦めいたします!

パラダイスは、そこらにポンッと転がっているわけではないのです。
自らの手で作り出すものなのですから!
(ちょっといいハナシ風に〆て、強引に話題を閉じる)



(関羽休題)



いやー、二月はあっという間に過ぎ去っておりました。
最近は商業物の小説と漫画をむさぼって生きていたわけですが、個人的イチオシは、入江亜季先生の「北北西に曇と往け」です。

特に2巻がやばいです。アイスランドに住みたくなってきちゃいます。私も日本のクソ田舎を捨てて、アイスランドに高飛びしたいです。そして、素敵なおじいちゃんに抱かれたい……(うっとり)

「17歳のガキが美少女の裸見て、恋に落ちないわけないだろうが!」とは素敵なおじいちゃんジャックの言ですが、自分自身の分身かと見紛う程、最高の名言でした。世界の真理を見た気がしました。ハルタコミックの名作率の高さよ……。

あとは「バララッシュ」なんかもお薦めですな。ようやく2巻が出たけど、続きが気になって仕方ありません。あーたのしー。

2件のコメント

  • 田舎はねぇ、本当に田舎ですよね。地元も田舎なので人口の減りっぷりにびっくりします。自分の子供時代と比べたら子供の数、半分以下になっちゃってますもん。近くにイオンとか出来たら小さなお店全滅してしまうやん……。

    かと言って都会に夢や希望がある訳でもないので、私は田舎の端っこの方でこっそりと火が消えるのを見守る事にします。何も望まなければ悪くもないのです……。うほほ。

    個人的な漫画のイチオシ……私が好きなのって有名な作品ばかりだからなぁ。ひとつ挙げるとしたら「吸血鬼すぐ死ぬ」かなぁ。少年マンガ誌のギャグ漫画で一番好きです。スナァァ……。

  • にゃべ♪ さま

    いやー、零細ながらも商売やってる身から言わせてもらえば、イオンに勝てるわけがありません! ショッピングモール形式でなんでも揃えられて本当に便利ですもの。

    悲しいけど、時代は変わったのです。ネットショッピングも盛んなこのご時世、品ぞろえが悪い田舎の個人商店に太刀打ちできるはずもなし。
    まあ、年配の経営主の方々にこの急速な変化についていけというのも無慈悲な話なので、可哀想ではあるのですが……。

    こういうのを見ていると、「時代の流れなんて糞くらえでい! 俺は、俺のやり方を貫くぜ‼」的な昔気質の主張って、あんまりよくないんだなぁ……と実感します。急速に勃興してきた新しいモノやトレンドに抵抗感を抱くのは当然かもしれませんが、ある程度、理解を示す姿勢も必要なのかと……。

    私も最先端のスマホやタブレット文化についていけていない感がありますが、いつまでもMacBook Proに縛られていてはいけませんね。気を付けないと!


    チャンピオンだと、私的にはやっぱりBEASTARSが凄いですね。食殺犯が判明してからは、毎週ドキドキものでした。ここのところの壮獣ビースターが出て来てからの展開も、滅茶苦茶面白いです。
    あの圧倒的な世界観と倫理観の構築……作者さんは本当に天才ですな。あれは、チャンピオンだからこそできた連載なのかな、とも思います。あまりに挑戦的!





コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン