一行怪談集が終わったので、一回くらい王道のホラー書いとこうと思い、「澱みの山」に思い当たった。
四月から今まで書いたことのない分野の小説を投稿する予定だし、それまでに作品紹介集以外に、もう一つくらい書いてみたい。