名前を『創作されし者の願い』から『カタリィとリンドバーグの作品紹介集』へ、わかりやすくリニューアル。
カタリィ・ノヴェルとリンドバーグ。二つの公式キャラクターを用いて他人の作品を紹介する。
一応一話ごとの物語仕立てではあるので現代ファンタジーっぽくはあるが、中身は作品の評論とそれにまつわる語句の補足なのでジャンルも変更。
実験的な新しい試みとして初めてみたが、どうなんだろう。
意見や連絡事項等がもしもあれば、遠慮なくこちらにどうぞ。

20件のコメント

  • 拙作を紹介していただき、まことにありがとうございます!
    感じたままを書いていただけたようで、非常に感激しております。

  • こちらこそ、事後報告ながら快く許可してくださり、嬉しい限りです。
    ありがとうございます。

  • ご紹介くださり誠にありがとうございます。
    書き手として気を遣った部分にしっかり言及があり嬉しい気持ちになりました。

    一点、ウーパールーパーの記述に関してなのですが、おそらく一般的によく見るであろうタイプは「白い体に黒い目」だと思われます。
    あれはアルビノ(白化)ではなくリューシスティック(白変種)です。アルビノ個体は目が赤いのでそこで区別できますね。

  • 順番がずれました。スガワラヒロ様へ。
    無知をさらした私へのご指摘ありがとうございます。
    編集して訂正いたしました。

  • 拙作を紹介していただき、ありがとうございました!
    以前レビューをいただいたときも大変嬉しかったです。まずは御礼まで。
    ますますのご健筆を!

  • あしはら瑞祥様へ。
    どういたしまして。今のところ手探りですが、どこまで紹介できるか楽しみでもあります。健筆を自在にふるえる日を夢見てやっていく所存です。

  • こんばんは
    作品を紹介していただいて、ありがとうございます!

    カタリィとバーグの会話形式になっているのですね、新しい。楽しく読ませていただきました。

    これを励みに、今後も頑張って書いていこうと思います。ありがとうございました。

  • ぴおに様へ。
    こちらこそ、事後報告ながら作品紹介を承諾していただきまして、ありがとうございました。

  • こんばんは。いいの すけこです。
    作品を紹介していただき、ありがとうございました。

    カタリィとバーグ、この二人の物語に絡めていただけるというのがとっても魅力的で参加しました。参加して良かったです、嬉しいです!

  • いいの すけこ様へ。
    こちらこそ喜んでもらえて嬉しいです。
    ただ物語に絡めるのを前提にしていて色々な作品を読んでいても、どうも「ピンときた!」と着手できるものと「書ける気がしない……」と諦めるものにわかれますようです。
    私の力量不足か、もしくは興味関心の問題か。
    せっかく企画に参加してくれたのに載せられない作品には申し訳ないのですが、こればかりはどうにもならなそうです。

  • 居間正三さん

     「カタリィとリンドバーグの作品紹介集」での「アジサイ」の紹介、ありがとうございます。
     二人の脱線っぷりが面白かったです。特に、アジサイに毒があるって初めて知りました。
     雰囲気を読んで、と言うのが、この作品で主にやろうとしていた「雰囲気を描く」とドンピシャで、ああ、しっかり読んでくれた、うれしい、そう言う気持ちに浸っています。

     レビューコメントまで書いて頂き、重ねてありがとうございます。

    真花

  • 真花様へ。
    アジサイって毒があるんですよね。だからカタツムリとかは実際にはアジサイの葉を這うことを避けるそうで。
    こうしたことを調べているうちに、私の知識も少し増えたようです。
    こちらこそ、ありがとうございました。

  •  パパスリア と申します。

     拙作、『闇の落ちた運営3rd ~お約束~』
     にお星様を頂き、お礼申し上げます。

     有難う御座います。

  • パパスリア様へ。
    どういたしまして。

  • 居間正三様

    おはようございます!海野ぴゅうと申します。

    『僕が手フェチであることは彼女には絶対に内緒だったりする』に星を頂き
    大変恐縮です。
    励みになりました、ありがとうございます。

    海野ぴゅう

  • 海野ぴゅう様へ。
    これはわざわざご丁寧に。
    今年もあとわずかですが、お互いにがんばっていきましょう。

  • お挨拶が遅れて申し訳ございません。
    拙作、狐小路食堂をご紹介いただきまして誠にありがとうございます。
    約2年も前の作品にまた命をくださいまして非常に嬉しく思います。
    更新しなくては……という気持ちになりました笑
    有難うございました。ではまた。
    ……よいお年を。

  • 無才乙三様へ。
    よいお年を。

  •  拙作を紹介頂きありがとうございますm(_ _)m
     そして、返信頂きありがとうございます。
     正直、一万文字ギリギリなので、テンポを考えながら、どういじるか削るか悩んでいたところでした。
     取り敢えず、最後にもう一度、読者の目で読み直してみたいと思います。

  • 森園珠子様へ。
    削る難しさは私もよくわかります。
    ここは変えた方がいいだろうか。これを減らしたらおかしなことにならないか。
    悩みますよねえ。うん。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン